絶不調!戻るべき地点を決めておく

ホールアウトして後ろの組のセカンド見ています。(よその人)

上りのホールで距離感がむずかしいホール。

乗せてきましたが、ボールは辛うじてエッジに!短かったようです。

その人、1人でグリーンに来てボールを拾い上げると同時に

”クリップマークを投げた!”マークはピン横3メートル! w(゚o゚)w

はじめて見ました!銭形平次!

あんなヤツとはラウンドしたくない!ニギってるんだろうなぁ~

”けん”です。本日のテーマは「絶不調!戻るべき地点を決めておく」です。ゴルフのスイング以外でも、戻るべき地点を持っていることは、絶不調から脱出する一番近道なんです。

”けん”の普段のスイングで考えると、できるだけシンプルな3つ程度の項目を”注意する”ことで自分の戻るべき地点を見つけています。これが基本となる部分です。注意するというってもスイング中は考えていません。

”木”に例えると、幹の部分になります。全てのスイングに対する基本かもしれません。これはシンプルであればそれだけ戻りやすいです。人間の行動で言えば、”歩いたり”・”しゃべったり”意識しなくてもできる部分です。

そして、”木の枝葉”の部分をしっかりと付けていきます。スイングに自分なりの特徴が出てくる部分になります。雑誌やレッスン書、テレビを見ていて”これだ!”なんて感じたことを練習場で自分のものにしますよね。その部分です。ラウンド中、スイング中に、考えている部分です。

戻るべき地点があれば、スイングに迷いが生じたり、スイングが壊れたときにも、一度、それまで、付け加えた枝葉を取り除いて戻るべき地点に帰ります。みなさんも、ぜひ探してみてください。

”けん”の場合は3つ

1つはフックグリップです。右手の親指と人差し指の間にできる”V字”の向きを自分なりに決めて、いつも同じになるように心がけています。

2つめは、前傾姿勢です。アドレスで作った前傾姿勢に対し水平にスイングするようにしています。

3つめは、スエーです。バックスイング時、頭の位置が大きく右に行かないように心がけています。”けん”の悪い癖です。

この3つが”けん”の基本だと思います。そんなわけで、みなさんも自分なりの戻るべき地点を見つけてください。1人1人違いますよ。無駄なパーツをどんどん減らしていくと、見えてくると思いますよ

この3つが”良い意味でのクセ”になると、スイング中は考えなくて良いわけです。練習場で付け加えた枝葉の部分を思い浮かべながら、コースにのぞむといいでしょう。

ではまた

シェアする

フォローする

コメント

  1. ryouma より:

    いつも、楽しみに拝見しています。
    私の”絶不調!戻るべき地点を決めておく”は、まずボールの位置です。左右よりも、近い、遠いです。どうしても、近くなるんですよね。最近も、調子が悪く、レッスンプロに泣きついたら、ボールの位置(距離)でした。ゴルフ仲間で、調子が悪い人は、ボールの位置(距離)が近い人が多い気がします。

  2. けん より:

    ryouma さん

    いつもありがとうございます。

    ”けん”も調子が悪くなるとボールの位置を右側に置きたがります。どうしてもボールを捕まえたい・潰したいと思うからなんでしょうね。

    戻るべき地点を決めておくことは大切ですネ。

    ゴルフがんばってください。

  3. gakuzen より:

    けんさん、こんばんわ
    以前のレッスンに右足かかとの事は自分にバッチリあてはまってすごく勉強になりました。
    しかし、内職父さんのレッスンを見ていると、ゴルフには運動能力or運動”脳”力が必要かな?と思いますね。
    (自分で”上手いっ!”て思ってしまった・・・)

  4. けん より:

    gakuzen さん

    コメントありがとうございます。”申年”の”けん”です。

    【運動”脳”力】ですね!上手い!

    そうかもしれません。幼い子供のように身体が勝手に動くわけではありませんからね。

    ” 右足かかと”あてはまってよかったですネ。がんばってください。