初心者!ラフのほうがやさしい後編

ドアノブのボタンを押して締めるタイプの住家。

カギを入れたままロックオン! (|||_|||) ガビーン

泥棒になったつもりで入れるところを探しました!

ちなみに、入れたのでホッとしましたが・・・

誰でも入れるってことですよね? ( ゜_゜;) まッ いっか

”けん”です。本日のテーマは「初心者!ラフのほうがやさしい後編」になります。前回は、私たちアマチュアゴルファーにとっては、ラフの方がやさしいかもしれない!?ということをお話しましたよね。

ラフからだとティーアップされた状態になりますし(ラフの深さにもよりますが)、初心者はスライスしやすいですから、ティーショットで右の土手に行ってしまっても、2打目は、つま先上がりのライになり、スライスしにくいことも考えられます。

ゴルフレッスン/ラフからのショットもうひとつ、初心者ゴルファーにとってラフから打つと良いことがあるといいました。

それは・・・

ラフからはスピンがかかりにくいということなんです。!?

スピンというとバックスピンばかりが気になっていませんか?ラフからはサイドスピンだってかかりにくいんです。

ということは・・・曲がらないんです い~い~ね~! !(v^-^v)♪

正確に言うと曲がりにくい。プロだってラフから曲げることは困難です。プロが、前方に大きな木があり、ターゲットがスタイミーになってしまいインテンショナルショットをするときラフであれば、プロだってむずかしいんです。

「フックがかかりきりませんでしたネ!」ってよく言われるでしょ!あれです。曲げようと思っても曲がらない!ッてことは、アマチュアゴルファーの私たちは確実に曲がらない!これを使わない手はないですネ。

ボールが曲がらないわけですから、フェースを真っ直ぐ当てることだけに集中すべきです。こんなことを考えながらゴルフをするとゴルフはむずかしいと思っている方も気軽に出来るような気がします。

オレ初心者だから次回のラウンドが楽しみだ!ティーショットで右だなぁ!ッて方・・・

右が土手とは限りません

谷ならOBです!気をつけよう!ボールはどこ (((・・ )( ・・))) キョロキョロ

あと、フライヤーするかもしれません。手前からが常套手段(じょうとうしゅだん)です!

ではまた

シェアする

フォローする