先輩は常識を教えてくれる

数年前のインタークラブ予選・・・

ある人のマーカーでした・・・

緊張からか各ホールでOB連発するその人のボールを

何度も山や林の中に探しに行き・・・C= C= C= C= C= C= 。・゜┏(T0T)┛ウァァァァァァ

結局、足をつりましたヽ(‘Д`;)丿

・・・お前はどうもないのかよ・・・ (`-´メ) お人よしもほどほどに

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「先輩は常識を教えてくれる」です。ゴルフはマナーがとても大切です。柔道、剣道に通じるものがあるのかもしれません。それだけに日本でゴルフが人気になることもうなずける気がします。

今回は、ゴルフ場で自分だけが良い事をするととても気持ちが良いというお話しです。(^m^) ウププ…

マナーを守ってこそ、楽しいゴルフができるんです。女子プロゴルフの人気もありゴルフ場も初心者ゴルファーが多くとても良い事だと思います。たくさんの方がゴルフをするとゴルフの話題にも事欠きませんし、うれしい限りです。

現在、ゴルフ場では、メンバーの紹介や同伴が必要なくラウンドできるコースが数多く存在します。以前は、このメンバー制度が邪魔をして必要以上にマナーに厳しいなぁなんて思ったものです。

しかし、実際はどうでしょう。

カート道路があるにもかかわらず、フェアウェイまでカートを乗り入れたり、タバコの吸殻がグリーンに!?落ちていたり、セカンドショットを待っていてイライラしているのか、暇を持て余しているのか、山の中にボールを打ち込む輩もいます。

ゴルフ場は自分だけがプレーする場所ではありません。ゴルフゲームなどでスコアの数え方は知っているようですが、ルールやマナーを知らないでラウンドする方はたくさんいます。

”けん”もルールやマナーを最初から知っていたわけではありませんでした。それこそ、ファミコンでスコアの数え方くらいしか知らなかったわけです。それでも先輩方にゴルフ場に連れて行ってもらって・・・

「3本持って走れ!」

「ポケットには常にボールを3個入れておけ」

「グリーン上では走るな、靴を引きずるなぁ」

「ボールを取るときはカップの周辺に近づかないようにしろ」!?

なんて言われたものです。これはルールですか!?

いいえ、常識です。

そうなんです。先輩方は”けん”たちに常識を教えてくれていたんです。自分たちが教えてもらったように”けん”たちにも教えるんです。もちろん、その先輩たちはゴルフだって今考えたら上手いわけでありませんが、当たり前のことを”けん”たちに教えてくれました。出来て当然のことを出来ていない後輩に教えるんです。

気の合った仲間とラウンドすることがとても楽しい時間を過ごせるということは”けん”もよく知っています。その仲間に口うるさい同伴者がいないほうが楽しいのもわかります。しかし、みんながプレーする場所です。

マナーを守ること!スコアは二の次です。そのうちマナーもあなたの中の常識になり、ゴルフに没頭できるようになります。ゴルフのルールは、ある程度は覚えます、気になるのであれば自分でルールブック買って読みましょう。

今度ゴルフに行くときは・・・

■ミスショットしたときは、「あ~ぁ」なんて声を荒げることなく進んでください。

■スコアが悪いからといってピリピリしない。

■キャディーさんに当たったり、クラブのせいにしない。

■ラウンド後はキャディさんに「迷惑かけました。お世話になりました。楽しかったです。」とウソでも言いましょう。お互い気持ちが良いものです。

■同伴者のいいところを見つけてあげよう。

■同伴者のトラブルには同情し、自分のトラブルは素直に受け入れよう!

ゴルフはマナーがとても大切。ゴルフに限らず良い事をすると気持ちが良いものです。

ではまた

シェアする

フォローする