スロープレーでイライラ

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「スロープレーでイライラ」です。スロープレーほどラウンド時にイライラすることはありません。目の前で繰り広がれる静止画とも取れる景色はどんなに美しいゴルフコースだったとしても怒りに満ちた気持ちになるものです。

そんなスロープレーについて原因などを考えてみました。スロープレーする人は自分が原因だということを気づいていない人がほとんどだということも頭にきます。

プレーの遅い人がいる

一 般的に考えてプレーが遅い人が一人いるだけで影響します。同伴者の中に「この人プレーが遅いな」と考えている人がいると、その人自体のプレーが雑になり、 時間を割いてでも早くプレーすることになります。後続の組はもちろん同伴者にまで迷惑をかけてしまうこともよくあります。

初心者がいる

初めてゴルフ場でプレーする初心者ゴルファーは、どうしても手順が理解できずスロープレーの対象になります。コンペなどではできるだけ少ない人数(3人組)の組でラウンドできるようにしたいものです。また、友達同士の和気藹々のプレーは必要ありません。

最初はマナー・エチケットを学ぶべきです。ゴルフ場には「○○時間内でプレーするようお願いします」とあります。まずはこれを守れる努力をすべきであり、スコアはその後です。

バンカーから出せない人がいる

バンカー練習はなかなかできません。ゴルフ場へ行って始めてバンカーを経験することが多いのではないでしょうか。ある程度の知識はあっても実際にバンカーから脱出できるかどうかは疑問です。それだけにバンカーでウロチョロしている人をたまに見かけます。

とくにアゴの高いバンカーになるととても出せるものではないと思います。トップしてバンカーのアゴに近づくのが関の山です。どうしても無理と思ったときは、アンプレを宣言するか、後ろに出すことも選択すべきです。

プレイング4がない

パー4以上でプレイング4に助けられている人は多くいますが、たまにプレイング4がないホールがあります。ここでOBを連発して後続の組が現れる・・・そうすると緊張のあまりまたOBを繰り返すことがあります。これもスロープレーの原因です。

そ れは前後の組も同じことですのでカーとが4、5台並ぶこともあります。これはゴルフ場が気を利かせてプレイング4にすべきだと思います。このようなことは クラブ選手権などではよくあることで、一般的に競技ゴルフの場合はフルバックからのラウンドになりOBを打ってもプレイング4は存在しないのです。1つ間 違えるとOB連発で「競技終了~」してしまうのです。気をつけましょう。

段取りが悪い

自分の順番が来る前に準備できることはたくさんありますが、それをしない人はスロープレーの対象者です。自分の順番になって初めてクラブを選んだり、グリーン上でラインを読んだりしていてはいけません。

順番が来る前にできることは準備しておきましょう。

茶屋で休憩

日本のゴルフ場にはハーフごとに途中に茶屋があるのが一般的です。水分を補給したり、軽食を取ったりすることは大切なことですが、茶屋の滞在時間が必要以上に長いのは遅延につながります。場合によっては後続の組を先に行かせることも考えるべきです。

他 にも原因はいろいろありますが、張本人に「スロープレーをだよ」となかなか言えないこともありますが、それとなく「遅れているのかな?」なんて他人事のよ うに話すことで急かすことが出来る場合があります。ゴルフ場はみんなが使っています。迷惑をかけないようにしたいものです。

ではまた

シェアする

フォローする