ミス激減テクニック

“けん”です。本日のゴルフレッスンは「ミス激減テクニック」です。詳しいことは今度お話します。”けん”はどういうわけか初ラウンドのゴルファーの方といっしょにラウンドすることが多かったです。それは、”けん”が初心者の方とラウンドすることがあまり苦にならないこと、”けん”の仲間がゴルフを始めることが多かったこと、先輩の命令!(←これ最強)などです。

初心者ゴルファーの方とラウンドすると時間はかかりますし、教えるべきこともたくさんあります。実際のラウンドでは、舞い上がってしまったり、キレてしまったりしてラウンド前にどれだけ伝えていても忘れていたり、思い出しても出来る状況ではないことがほとんどです。

ラウンド終了後、「言われたこと、教えてもらったことが分かった!」ってことになります。”けん”はそれでいいと思います。実際に経験をしないとなかなかどうして納得できないものです。初めての経験です、最初から出来ることのほうがおかしいです。

ルールやマナーでは、守れることがたくさんあります。それさえ守ることが出来るのであれば、プレー内容は、少しずつ実践を経験し、反省材料を見つけては対処法を作り上げていくことで個人差はあると思いますが自ずと良くなるものです。

周りの方や初心者ゴルファーを任された方は、長い目で見守ってあげましょう。

しかし・・・スロープレーはいただけません。”けん”も何度も経験があります。同じく組に初心者ゴルファーがいまして、なかなか進みませんでした。スライスのオンパレードです。また、空振りもたくさんしてスコアを数えることもままなりません。

茶屋に来たとき「後続の組が来たときは前に行ってもらおう」ということで話は決まりました。キャディさんにもその旨を伝え了解を取りました。

それでもその後のラウンドでもスロープレーは変わりませんでした。あるホールで、右サイドの軽い傾斜の林に入れてしまいトラブルになっているようでした。”けん”たちも駆けつけて様子を伺っていると、こちらからはボールが見えないほどのラフでしかもつま先上がりになっていました。

空振りを何度したでしょう。それでも後続もまだ来ていないし打たせていいのでは?と思っていましたし、同伴者も友達だったのでしばらく様子を見ていました。あせる気持ちがあったことも事実です。そろそろアンプレ宣言をしてもらうか、と思っていると・・・

ティーグラウンドに後続の組が見えました。初心者ゴルファーも目に入ったようで、何を血迷ったのか・・・私たちにむかってこう言いました・・・

「先に行ってください」

頭が混乱しているのか、何かを勘違いしているのか、”自分は気にしないでください。後から着いていきます”みたいな雰囲気になっているようでした。そこでアンプレを軽く説明してそのホールをホールアウトしました。

結局、前半が120打くらい、空振りもありましたし、数えれない部分もあったようで実際はもっと打っていたようです。しかし、後半はアンプレと「ミス激減テクニック」を駆使してなんと・・・

58打です。v(ー_ー)

私たちもビックリしました。もちろん空振り無しです。そのことについては次回お話したいと思いますが、以前にもお話したことがある内容です。

ラウンド後の打上げでは”先に行ってください事件”の真相を聞けて、けっこう笑えましたが初心者ゴルファーにとってそのときは真剣だったようです。

ではまた

シェアする

フォローする

コメント

  1. 蜂の子ジェルビー君   桃子、3打差4位から逆転で2勝

    桃子、3打差4位から逆転で2勝/国内女子桃子、3打差4位から逆転で2勝/国内女子(サンケイスポーツ) ミヤギテレビ杯ダンロップ女子最終日(28日・宮城県利…

  2. ゴルフ動画レアムービー厳選ブログ-ゴルフパープレイ より:

    ★金田久美子の9Wスイング&チップイン

    アマチュアゴルファー金田久美子の9Wスイングとチップインの動画です。 パー5の…