弱点を見つけよう!

”けん”です。本日のゴルフレッスン「弱点を見つけよう」です。他人の弱点は、すぐに見つけることが出来ます。では自分の弱点はどうでしょう。また、「人のふり見て我がふり直せ」って言いますが、できてますか?

これもむずかしいですよね。自分はそんなことしてないと、はなっから思っていますからね。
人に厳しく自分にやさしいです (^^;)v

しかし、ゴルフをしている以上そうも言ってられません。しっかりと自分の弱点を見つけ出し、克服しないと上達はありえません。

ではどのようにして、自分自身の弱点を見つけ出しますか?

ラウンド時の緊張した場面に出る弱点(くせ)は、プレー中に直すことができません。緊張した場面に出る弱点(くせ)は、根の深いものです。容易く直りませんが、そのときに見つけた弱点(くせ)を練習場に持ち帰り、コツコツ直していくことが大切です。

弱点(くせ)は、ラウンド時に見つけよう!ということです。

スイングの弱点(くせ)であれば練習場でも探すことができますが、できたら、ビデオなどに撮影して悪いところを直すことが良いと思います。どうして、フックしてしまうのか、と考えた場合に、気になる箇所は分かるはずです。他人頼りになってしまうと、違うところを指摘されてしまい、核心部分を直すことが後回しになってしまう恐れがあります。

クラブやアイアンの番手によって弱点(くせ)があることもあります。ウッド系は打てるけどアイアンが打てない、とか、5番アイアンは打てるのに6番は打てないとか。

”けん”が昔、使っていたアイアン(当時はカーボンでした)の中で7番アイアンだけがどうもシックリこなかったことがあります。アイアンを買い換え7番アイアンは打つことができました。もしかしたらバランスが悪かったのかもしれません。7番アイアンといえば、練習でもよく使うアイアンです。コースでもよく使いますよね。

アドレスのミス!これも多いです。ゴルフ練習場では、マットもしくはフットマットに線が入っていますので、機械的に立つことができますが、本番では当然ですがありません。如何にアドレスで真っ直ぐに立てるか!これは大きな課題ですよ。このことについては”けん”もいろいろ考えていましたので、機会があるときにお話したいと思います。アドレスのミスは致命傷です。

同伴者の言動や緊張する場面に弱い!メンタル面を克服すべきです。以前にもお話ししましたが、精神面が強いと思っている限りは、実際はまだまだヨワヨワなんです。「メンタル面が弱いなぁ、どうにかしないと」と自分の弱さを認めたとき初めてメンタル面が強くなる準備ができたということです。”けん”のメンタル面のゴルフレッスンを参考にしてください。

コースで弱点(くせ)を探したとき気づくはずです。自分の弱点は・・・

ショートゲーム(アプローチとパター)・・・もちろん・・・

練習すらしてないよ ヽ(´ー`)ノ ヤレヤレ…

ではまた

シェアする

フォローする