腹黒~ニギリ保険~首の皮一枚残す

久々の腹黒計画です。「相手は最高、あなたは最低の結果で」をふまえた上で。みなさんに伝えたい重要な部分になります!

首の皮一枚残す

この言葉ご存知と思います。そのむかし、犯罪者が処刑されるときには穴を掘られ、首を落とされそこに埋められました。そのとき首の皮一枚残すことによって前に倒れそのまま穴に落ちるというものです。それくらいの技をもっていることです。手間が省(はぶ)ける!(間違ってたらメンゴ)

現在の意味は「まだわずかな望みが残っていることのたとえ」です(辞書調べ)。少し違いますね。

今までライバルと思っていた相手がライバルでなくなったとき、首の皮一枚残しておくことの重要性を理解していただきたいと思います(^m^)。

相手には従来の意味で”わずかな望みを残し”てあげて下さい。あなたは本来の意味で”実力を伸ばして”ください。どんどん差がつくことでしょう。

相手に今でもライバルと思わせておくべきです。そのためにはいつも相手のスコアを気にしてあげたり、スイングのちょっとした相談に乗ってもらったりしてください(相談は当たり前のことを聞くようにしてください。本気でスイング改造されたら困りますからね)相手の気持ちになってください。相手はあなたを一段上で見ているのであればなおさらあなたが降りてきてください。そうするとあなたが今まで知らなかったことまで教えてくれます。

それが相手への思いやりであったり、”けん”には・・・・

ニギリの保険になるからです(;´д`)。ハラグロ!って言われてけっこう!
重要項目です。”けん”はいつも読んでいただいているみなさんに、ゴルフが上手くなることはもちろんですが、プラスアルファでニギリにも勝ってもらいたい!そう思っています。

これは同時進行でお願いします(^m^)

みなさんが上手くなるだけでは納得できない!

”けん”なんです。いつもそれくらいの気持ちで書いているつもりです!

結果はスコアではなくニギリが勝てるかどうかです。スコアで負けて握りで勝つ!”けん”の得意とする分野です。これが”ゴルフを続けられる唯一の方法”です。メンタルを鍛える事です。競技のときに必ずいきてきます!

スコアで負けてあげることで首の皮一枚残してあげる!ここぞというときの競技ゴルフでは、勝たないと仕方ありませんが、そんなときでも必ずこの言葉を残してください・・・・・

上出来(じょうでき)です!

そうすればモトサヤに戻れます(^m^)

ではまた

シェアする

フォローする