メンタル!自分を追い込め

メンタル!自分を追い込め

ゴルフの半分以上はメンタルが左右します。メンタル面を考えていないゴルファーはいつか必ずぶつかる課題です。メンタル面を克服することは自分を否定することになるので見たくない部分ですが、ここさえクリアすればスコアは飛躍的に良くなりますし、大崩れしにくくなります。

アウトサイドインを直す

アウトサイドインを直す

アウトサイドインにクラブを振ってしまうと普通にボールを飛ばしてもスライスします。トップで左腕が身体(左胸)にベタッとくっついているとします。するとダウンスイングでは身体が飛球線後方から正面を向きます。その過程で左腕はどうなります。すでに身体より前に出てませんか?出てるでしょう。これカット軌道いわゆるアウトサイドインです。

左サイド主体でスイング

左サイド主体でスイング

右サイド主体にするとスライスが出やすく、それがイヤでフェースがかぶってヒッカケになりやすいのです。また、ターゲットに近い左サイドはボールに当たった後もスムーズに動きますが、右サイドはターゲット近くないので左サイドにブレーキをかけてしまうのです。

女子ワールドカップ初日残念!

女子ワールドカップ初日残念!

昨年、日本チームは優勝していますから、他チームもマークしてきますよね。また、今年はスウェーデンチームがアニカソレンスタム選手とリサロッテノイマン選手のダックです。かなりすごいです。リサロッテノイマン選手が懐かしいです

80の壁/ゴルフ80を切る方法

80の壁/ゴルフ80を切る方法

ゴルフのスコアで80を切るを切るためのスコアの考え方について解説します。明確にスコアマネジメントを考えると1つの方法が浮かび上がってきます。70台をコンスタントに叩き出すためのスコアの捉え方です。70台でラウンドするゴルファーはこんなこと考えています。

英語禁止ルールはおもしろい

英語禁止ルールはおもしろい

皆さんはビッグ3の「英語禁止」ルールやったことありますか?かなり面白いですよ。みんなで出し合ってすべて打ち上げに使いましょう。オススメはワンハーフ行くときのハーフで行うと良いでしょう。それだけで十分たまります。

シャンクの直し方

シャンクの直し方

ラウンド中に突然シャンクがでると、その日一日が憂鬱になります。シャンクをその場で完全に直すことはできませんが、とりあえずこの場を収める程度のシャンクの直し方をゴルフレッスン。ラウンド終了後、練習場でしっかりと直しましょう。

ボールの位置と最下点

ボールの位置と最下点

クラブの最下点は、右打ちの場合、左手でクラブを持ち左腕を垂直に下ろしたところです。ボールの位置はスタンスの幅が変わっても基本的に同じです。まずはこの位置を基本にして自分なりのボール位置を設定するといいと思います。

NO IMAGE

スライスの直し方 第2弾

スライスの直し方 第2弾。体の回転の速さにゴルフクラブが追いついていない。この場合、アウトサイドインのスイングになってしまいます。これが原因でスライスする人へのゴルフレッスンです。チーピン・ヒッカケはスライスと紙一重。フェースが閉じているとチーピン・ヒッカケ。フェースが開いているとスライスです。

NO IMAGE

アプローチの距離感

みなさんはアプローチの距離を決める時どうしてますか?テークバックからインパクト、フォローまで等速スイングを心がけることで大きな失敗のないアプローチができるようになります。

NO IMAGE

レーザー光線パター

パターにペタッと貼って素振りをします。レーザー光線がまっすぐと動けばいいのですが、誰が使っても無理!パターを縦には使えない事だけが分かりました。もしもレーザー光線の通り素振りをするととても違和感があり相当カッコも悪いです。

NO IMAGE

女子プロ人気に愚痴る

女子プロのほうは不動選手と宮里藍選手の一騎打ちになり、メディアはこぞって宮里選手の応援にまわり、不動選手がかわいそうな感じがしました。

パターはアート

パターはアート

パターが上手くなる。パターは『パットイズマネー』というくらいとても大事です。皆さんも良くあると思います。入る距離の30センチを外してこそからズルズル・・・