パターはアート

パターが上手くなる。パターは『パットイズマネー』というくらいとても大事です。皆さんも良くあると思います。入る距離の30センチを外してこそからズルズル・・・

”けん”はパターが一番好きです。イップス病にかかった事もあります。そんなときは30センチでもラインを見てしまいます。まっすぐドンでいいのに!

とてもメンタルが左右します。パターに形無しですから技術的なことはあまりしゃべりません。考え方をお話します。言葉で説明する事は難しいのですか、頭の中で考えてください。

SPONSORED LINK

グリーンの読み方/仮想カップの位置

グリーンの読み方/仮想カップの位置

グリーンの読み方です。上記のようなグリーンがあるとします。白いカップが本物。
仮想のカップが10センチ上にあるとします(緑のカップ)。

カップまでそれぞれ2メートルとします。

スライスラインでジャストタッチなら10センチ左を狙いますよね。

フックラインでジャストタッチなら10センチ右を狙います。

上りのラインでジャストタッチなら10センチ上、下りなら10センチ手前です。

という事は仮想のカップの位置は必ずいっしょになるということです

もちろん傾斜が入組んでいるときは上手くいかないときもあります。

しかし、傾斜が入組んでいても2箇所で確認できるのならラインは分かるという事です。

上の例はあくまでこういう考え方もあるということです。

ショートパットはまっすぐドンが基本!

私としては2メートルまでは少々の傾斜ならカップ内で勝負すべきだと思います。
直線的に狙う事です。その時は入らなくても必ずカップのふちに掛かるように打ちましょう。

そうすれば近くに止まり、くるりと回っても大抵上りのラインを残します。これホント!

そして、私の場合、プレッシャーが掛かったり、ロングパットを残したときは、
パターはメンタル』ではなく『パターはアート』と思うようにしています。

すんなり手が動くようになります。ぜひ試してください。

ではまた

パターの選び方を様々な角度から解説。ピン型・マレット型などのヘッドの種類別、長さ、ベントネックシャフト型・センターシャフト型のネック形状やどんなグリップが良いのかなどパター選びの大切なポイント徹底解説

コメント

  1. […] 参考:「パターはアート」 […]