初心者のパターの距離感

こんにちは”けん”です。本日のテーマは「初心者のパターの距離感」です(赤文字重要)。これは、とてもいいレッスンがあります。”けん”も実践してました。

初心者の頃は、ミドルパット~ロングパットにかけて距離感がつかめないですよね。そんなときにやってみてください。金井清一プロの「ドレミファ打法」です。ネットにも掲載されてます。これでどれだけ助かったか知れません。まずはサイトに行って読んでみてください。

The-Golf.com (リンク切れになってましたヽ(‘Д`;)丿)

こちらのワンポイントレッスンに金井清一プロの
「ドレミファ打法」はNO.5です。随分昔からから載ってたと思います。これを読んでやってました。

夜にでも”けん”のやり方!?考え方!?お伝えします。


夜の部です。金井清一プロの「ドレミファ打法」読まれて無い方はまずは上のリンクから読んでみてください・・・
って”けん”も久々読み返したら自分がやってた事は勘違いみたいでした。

ドが5m レが10m ミが15m ファが20m なんですね・・・・

気にしません。”けん”の考え方をお伝えします。これがヒントになったことは間違いないのですから、ロングパットが超~不得意な方や最近ゴルフ始めたって方へ・・・

どうしてここまで”けん”がこだわるのかというと、”けん”はニギリばかりしていたからです。スコア110前後の時だったと思います。それでもいつも80台でラウンドされる方たちとスクラッチでニギってましたよ。ハンディもらってまでニギらなくていいって思っていましたからね。

現在、彼らは”けん”の保険屋さんです(^m^) ウププ…先物投資!ちなみに”けん”が初めて買った株は村上ファンド(村上世彰氏)の名前が出て爆上げでした。

話がそれましたが、元に戻して

ちょっと分かりにくいのですが、しっかりと読んで自分のものにしてください。せっかく訪問してくださっているわけですから、何か持って帰ってもらいたいです。自分の考えを付け加えたり、入れ替えたりしてもらって結構です。自分に合うようにマイナーチェンジしてね。

”けん”がやってたのは ド♪ レ♪ ミ♪ ファ♪と唱えながら(^m^)バックスイングしてました。「ド♪」と唱えてバックスイングが20センチ引けたとします。そこから打って12歩とか。
「ド♪ レ♪」と唱えてバックスイングが30センチ引けたところで、打って21歩とか。

できるだけ平坦なところでやってました。時間があるときは傾斜のあるところでも・・・

また、最初の「ド♪」のところを音頭にして「レ♪」から動作開始する徹底ぶりです。そうしないと、いきなり「ド♪」で始動しづらいですからね。それと何度も往復して平均値をスコアカードに記入しておきましょう。

レ=12歩 ミ=21歩 ファ=28歩 みたいにしてください。数値的に比例したり、プラス加速なんか考えても上手くいきません。公式は無いみたいです。”けん”も考えましたから、その時のグリーンの状況や練習した場所、その日の体調などでいくらでも変わります。

レ=12歩 ミ=21歩の間の16~17歩の距離はどうしていたかというと、「レ♪」を使うんです。最初からアドレスでボールからパターを 5センチ 離してソールし、「レ♪」で打ってました。これもみなさんの考えでマイナーチェンジしてみてください。もっと他にもあったような気がしますが、今のところ思い出せません。

”けん”のように「ド♪」で音頭をとった場合でも「ファ♪」までで十分です。
「ソ♪ ラ♪」までやると・・・

ハーフスイングになります「ラァ~♪」

パターなのに体重移動が完了しているはずです

打ったら確実にグリーンオーバー
ヽ(‘Д`;)丿

ではまた

パターの選び方を様々な角度から解説。ピン型・マレット型などのヘッドの種類別、長さ、ベントネックシャフト型・センターシャフト型のネック形状やどんなグリップが良いのかなどパター選びの大切なポイント徹底解説

シェアする

フォローする

コメント

  1. ノー感パターの距離感 - ゴルフレッスン +72ゴルフブログ より:

    […] ■初心者のパターの距離感 2006年06月09日 […]

  2. […] ■初心者のパターの距離感 2006年06月09日 […]