パターが届かない原因

“けん”です。本日のゴルフレッスンは「パターが届かない原因」です。スコアを決めるのはパターと言っても過言ではありません。入るか入らないかは、そのときの運次第・・・かもしれませんが・・・

運を天に任せるよりも、実力で運気を上げることを考えたいものです

「ラインは合ってたけど!」ショート

ポジティブに捉えることも大切です。しかし、この場合はあくまで、なぐさめ程度でしかなく、上から目線で言わせてもらえば、それが仮にカップまで届くのであれば、ストレートラインでない限り、そのラインでは入らないことも考えられます。

みなさんがそうならないようにしてください。同伴者がショートした場合は・・・

「惜しいね!ラインは合ってたけど」と言ってあげましょう。たいていの場合、その後もショートするか、ノー感パターが続くでしょうけど。

パッティングでは、同じ場所からでも傾斜の読みと強弱で幾通りものラインが存在します。入ることを仮定した場合に、ギリギリ、カップ手前の淵に掛かって「コトン」と入ったパッティングがジャストタッチと考えることができます。

ジャストタッチよりも強めに打つことが、まずはパットを沈めるための最低条件です。届かなければ入らないと言う”昔からの言い伝え”です。特にショートパットでショートするときの情けなさは他に当たりようがないだけに悔しいものです。

ショートしないことが1パットの権利発生と言うことです。パッティングの科学では、43センチでしたかね・・・忘れてしまいましたが、それくらいオーバーするのが一番入りやすいと科学的に書かれています。そういわれるとそんな感じもしますよね。

中には・・・

ジャストタッチでパッティングすると、手前から、奥から、右側から、左側からでも入る可能性があるよ、ということで話を持ち出す方もいらっしゃいますが、”けん”としては、ガツンといってもらいたいと思っています。

水巻プロが言ってたことで受け売りで申し訳ないのですが、パターが届かない原因は

「ラインが読めていないからだ」

と言われていました。”けん”は「たしかに!」と思ったものです、ラインが間違っていたとしてもラインが読めたと思うのであれば、自信を持ってパッティングできますが、ラインが読めないのであれば、自信がない、オーバーしたくない、と思いますからね。

その場の雰囲気や、置かれている状況にのまれたときの心境はパッティングに大きく影響します。間違っていたとしてもラインが読めたと思うまで、しっかりと傾斜を読みたいものです。

読めたと思って、ラインばかり気にしても・・・

そこに打てるかは疑問ですが

方向ばかり気にするとショートするんですよねヽ(‘Д`;)丿

((( ;゚Д゚)))エ・・・エエー!! 距離感だよ 距離感!

ではまた

パターの選び方を様々な角度から解説。ピン型・マレット型などのヘッドの種類別、長さ、ベントネックシャフト型・センターシャフト型のネック形状やどんなグリップが良いのかなどパター選びの大切なポイント徹底解説

シェアする

フォローする