パットに型なしですが・・・

”けん”です。本日はパットに型なしですが・・・パターのアドレスについてお話したいと思います。パターでは、高さを出す必要もありませんし、ボールを曲げる必要もありません。傾斜を読み、狙ったところへ打ち出すことが大切です。

とッいうわけで、インパクトが最大の重要ポイントになります。

パターは「打って終わり」、「パットに型なし」と言われます。入るなら結果オーライでも何でも良いわけです。

ドライバーからアイアンまでは、インパクト付近で多少、フェースが開いたり閉じたりしていても、スイング中に修正できる部分がありますが、パターでは修正してしまうと大失敗する危険性があります

「ヒッカケそう」・・・と感じたときインパクトでパターフェースを開いてみると大きく押し出してしまいます。パターではインパクトの瞬間の修正はあまり好ましい結果が残せないことが多いようです。

原因はいろいろあると思いますが、パッティングに入る前のミス(アドレスなど)は極力なくすことが大切です。

毎回、アドレスをスクエアにできれば、トータル的に見てよい結果につながるはずです。”けん”の場合、パッティングのアドレスはパターから行なっています!?パターフェースを正確に目標方向(ターゲット)に向けることから始めるということです。そして、スタンス、肩、腰など気になる箇所を正確にアドレスするようにしています。

ゴルフレッスン/パットに型なし

それだけ!?という声が聞こえてきそうですが・・・実際にラウンド時に確認してみてください。できてますか?案外できてないと思いますよ!

また、さらに付け加えるなら、アドレスの最後に、パターフェースを「ヒール」~「トゥ」の方向に目で追ってみてください。そのとき頭も(首から上も)下から上に微妙に動かしてください(←ココ重要)。

小さいことかもしれませんが、パターと身体のアドレスしたときのバランスが確認できます。悪いときは違和感を覚えるはずです。たとえば、フェースがオープンになっている感じがする!そんなときは”身体のアドレス”をもう一度修正するか、はじめからアドレスをやり直すことが大切です。

そして、静かに目を落としパッティングに入ることでよい結果が自ずとついてくると思います。

ではまた

パターの選び方を様々な角度から解説。ピン型・マレット型などのヘッドの種類別、長さ、ベントネックシャフト型・センターシャフト型のネック形状やどんなグリップが良いのかなどパター選びの大切なポイント徹底解説

シェアする

フォローする