日記を付けよう!

いよいよ2006年度がスタートしました。本日はゴルフファンにこれだけは今年度、やって欲しいこと。必ず上達します。以前もお話したことがあったと思います!?

ゴルフ日記付けましょう。必ず上達します。普通の日記であれば続かないでしょ!ゴルフ日記は続きます。私も日記をつけはじめて気付いたことがたくさんありますよ。

日記を付けよう!

高山選手は日記をつけていた!

これって受け売りなのですが・・・・高山選手の・・・

高山選手は高校まで野球で鳴らし、その後ゴルフの道に進んだ今では異色の選手です。(現在は、ジュニアからゴルフをすることが普通ですよね)高山選手は毎日、日記を付けていると雑誌に書いてありました。

高山選手の周りは生まれてゴルフクラブを握らされた人たちばかりです。そんな高山選手があれだけのスピードでトッププロに駆け上がったのは持ったいた素質もさることながら、日記にあると思います。私もすぐに取り入れ日記を付けることに・・・・

SPONSORED LINK

日記がゴルフレッスン書になる

これがとてもいいのです。ゴルフ日記って書くことたくさんありますよ。その日練習した内容やラウンド時のスコア・天候・メンバー・ニギリでXX円勝ち!、平均スコア、ニヤピン・ドラコンとった!優勝した!など、気になったホールを書いてもいいでしょう。

「あのホールではいつもOBばかりだから次回は気をつけよう」でもいいのです。次回ラウンドまでに攻略方法を考えたら忘れず日記に記入しましょう。

本番では必ず役に立ちます。頭の中でこうしようと考えることも大切ですが、活字にすることによって、頭の中に刻み込まれますからね。

また、ネットで拾ってきたレッスンでもいいのです。日記に加えましょう。それがうまくいけば二重丸◎をつけたり、自分には合わないのであれば×を付けておきましょう。線で消すことは好ましくありません。いつかためになるときがくるときがあるからです(経験上)。

日々、日記を付けていると毎日同じ内容、注意する点が出てきます。これは今現在、調子がいいときで、このときの注意点を調子を崩したときに読み返せば、かなりの確率で不調を脱することができるのです。要は・・・

ゴルフ日記=自分専用レッスン書になります。

良いときばかりでなく不調のときもしっかりと付けておくことで崩れる前の対処もできます。

練習代も節約できます。以前私がそうでした。同じことの繰り返しで上達しない。きのうまでは良かったのにどうして?200球打ったときに「忘れてた!これか!」それまでの200球がもったいない。日記に書いておけば、おのずと昨日の続きから練習できますから、上達も早いのです。

ではまた

シェアする

フォローする

コメント