シングルになる研修会のススメ1

”けん”です。みなさんのホームコースで月の例会(名前は違うかも)がありますよね。ハンディキャップを取得できる環境にあるのであれば、この例会には毎月参加しましょう。しかし、例会ではいつも友達とラウンドしているという方。一度、研修会に参加されてはいかがでしょうか(無いところもあるのかなぁ)。

 ルールが分からなくても教えてもらえる

研修会の目的はエチケット・ルールの確認などが主です。ラウンド後は集合して簡単な反省会をします。新ルールができた場合には、詳しい方をお招きして説明してもらったりします。また、その日起こったルールの適用について、ひとりの問題ではなく研修会メンバーがいっしょに考えることで、同じことがわが身に降りかかっても対処できるようにします。

研修会に誘われたら、はじめは楽しいゴルフはもうできないなぁなんて思われるかもしれません。しかし、研修会のメンバーも同じ人間です。ゴルフのときはルールに厳しく(←当たり前)ラウンドしますが、コース間では楽しいお話をしてるんですよ。

すぐに研修会の友達ができますし、外部との対抗戦などで共に戦ったりすると、仲間意識が出てきます。結局、仲のいい友達、先輩になるのです。

 研修会でも友達はできる

研修会に入ってからというもの普段のラウンドも研修会メンバーがほとんどになりました。今では友達とラウンドしているようなものです。”けん”それなら意味無いのでは!って聞こえてきそうです。確かに!「親しき仲にも礼儀あり」という聴きなれた日本の言葉!”けん”はとても好きな言葉です。ゴルフをするときは「厳格にルールに沿ってプレーする」のです。

このギャップが好きで”けん”は、研修会のメンバーとラウンドしているんだなぁと、
今この記事を書いているときに感じました。一般の友達とラウンドしても味わえない緊張感がたまらなく好きです(最近慣れてしまってますが)

 研修会とプライベートの違い

ボールがカート道路に止まっていたときの対処。

研修会メンバーとラウンドしているときはニアレストポイントを左右に決め、研修会メンバーの確認を取ってどちらから打つか決定します。

友達とラウンドしているときはカートの中から指示が出ます(^m^)みんな同じでしょ!

「打ちやすいほうに出せば!」

これでは上手くなれませんよ。これで100切れた!70台が出た!なんていってもそれは認められません。だってルール守ってないのですから!ゴルフはルールを守って、自分に厳しくラウンドすること。そこがいいところです。

ほかのスポーツと違い、審判が近くにいません。いつでも不正ができます。自分の心に弱さがあるとスコアが好くなる!?なんてもっての外!

友達同士で楽しいゴルフもいいのですが、そのときにみんなと相談して、今日はルールを忠実に守ってラウンドしてみようか!といってみて下さい。みんな納得してくれるはずです。

ラウンド後、車でルールのことなどを確認しながら帰る。間違っていてもいいです。それを行なったとき、すがすがしい気持ちになると思います。

本日も話がズレてしまいましたが、シングルになるにはルールを厳格に守ること!
それが本当の意味のゴルフスコアです。それまでは練習でスコアではなかったということ。

厳しいことばかりですが、みんながんばれ!

ではまた

シェアする

フォローする