続!シングル目前レッスンした事 スイング編

シングル目前の日記にはやはり2つのチェックポイントを用意していました。

 ライ角どおり スイング編

日記の中に「ライ角どおり」と書いていました。スイング中、クラブシャフトと地面が作る角度を大切にする、ということのようです。当時はそんなこと考えていたんだとなつかしいです。必然的に身長の高い方はアップライト、低い方はフラットなスイングになると思います。

モダンゴルフの著者ベン・ホーガン選手のガラスの板なんです!?読んだ人はわかりますよね。これはフックグリップでなければ出来ません。スクエアグリップだとトップの位置でクロスシャフトになってしまいますからね。

 水平スイング スイング編

”けん”は悪い癖がありました。それはダウンスイング時右肩が落ちる癖です。それを直すためのものです。水平スイングといっても地面と水平ではなく、アドレスで前傾した角度に対して水平スイングです。 結局、グリップを固定して、”こま”のように回る(スイング)ことが当時、”けん”にとっては再現性のあるスイングだったと思います。

スイング中はあまりたくさんのことを考えないようにしたいものです。 この二つでした。みなさんもご自分にあった旬(しゅん)なチェックポイントだけを吟味し、それをご自分の癖にすることによって”旬”なチェックポイントを入れ替えていく。これはレベルアップにつながりますよ。 また、うるさいことは重々”承知”しているつもりですが、一言!

自分の考えを曲げるな!

それが本人にとっては重要なことと思っているのであれば、考えを変えてはいけません。そのときどきで重要なことは違うと思います。教え魔の言ったことをそのうち実行しなければならないかもしれません。しかし、自分で考え実行する。これは何より、成長の証!なのです。

間違ってるかもしれない。違う方向に向かっているかもしれない!”けん”からするとそれでいいと思います。

本人が決めたことだから!間違っているのであれば気付いた時点で直せばいい。そこのところを譲らないようにしたいものです。言葉的には悪い言葉のように感じますが・・・・読者のみなさんには・・・・強く言いたいことがあります・・・・

頑固者で行け!

みなさんには人に左右されない強い信念を持って欲しいと思います。それが、最終パットの緊張した場面や左右OBのホールで必ず、役に立つと思っています。

シェアする

フォローする