壁が数字で無くなるとき

ルーキーズ、ビデオ予約で女子バレー 何してくれてんだ ヽ(‘Д`;)丿

しかも途中で切れてたので・・・

気になってスポーツニュースまで観ました 【テレビ】 (^。^;)ホッ! 

ルーキーズ、今週楽しみにしてます。

“けん”です。本日のゴルフレッスンは「壁が数字で無くなるとき」です。ゴルフというスポーツは面白いスポーツで上手くなるほどに目指すものが精神的な部分に依存してくるようです。それだけに夢中になれるスポーツなのかもしれません。

ゴルフで結果を求めるばかりに無理をしたり、1つ1つのプレーは良くてもなかなか結果に結びつかなかったりゴルフはむずかしいです。それが、100のレベルでも当の本人にとっては同じことですよね。

90台を出したいのにいわゆる「100の壁」があって、何度も挑戦するけれども簡単に越えることができません。「今度は越えてやる!」と勢いがつくと跳ね返されて強くぶつかった分、壁から離れてしまうこともあります。

そこで、あきらめてしまう人もたくさん見てきました。もちろん、いつも遊びに来ていただいているみなさんがここにいるということは、向上心を持って遊びに来ていただいているわけですから、そんなことないはずですよね・・・。行き詰ったらいつでもどうぞ♪使ってやってください

“けん”なんて何度も言いますが、100どころか「120の壁」があったわけです。「自分のゴルフ」ってこれくらいかなぁ、なんて軽く限界を感じたことを思い出してしまいます(^m^) ウププ…

ゴルフのスコアは、ある程度上達するとベストスコアなんて早々出るものではなくなることはみなさんよくご存知のはずです。出たとしても数年に1度出るかどうかになってきます。

ベストスコアが出ない原因としては、もちろん、とんでもなく震えるようなスコアを出してしまった場合を除いて考えた場合、ティーグラウンドの変更も見逃せません。上手くなってくるとバックからフルバックからラウンドしたくなるものです。

そのままフロントティからラウンドを続けるのであればいつかはベストスコアがでたかもしれません。しかし、ゴルフのレベルアップを図る上でティーグランドを後ろにさげるということは、欠かすことのできない一つの方法です。

むずかしい環境に飛び込めば、それなりにしっぺ返しをくらいます。ところが適応力に優れているみなさんは、数回(数ラウンド)繰り返すだけで慣れてしまうはずです。ベストスコアに近いスコアが出ていると思われます。

これは、実力的に見ても以前よりはるか上を行ってるはずです。いままで気にも止めなかったことが、たくさんの課題となって目の前に突きつけれます。その難題を一つずつ丁寧にクリアしていくことがレベルアップに繋がることになります。

もし、それに気づいてなかったとしても、時間はかかるかもしれませんが、「むずかしい環境」の中でそうせざるを得ない状況になりますので、自然に身に付くことも多くあるはずです。

むずかしい環境の中で数字を目指すことも分からないでもありませんが、その場合、別の目標を掲げることがいいと思います。例えば、ライバルに勝つことを最大の目標にしたりすることです。ゴルフは自然の中でプレーをします。風向きも違えば、天候も違います。今日と明日で違うコースに様変わりします。

もしも、ベストスコアだけを目指すのであれば、雨風のラウンドはしなくてもいいはずです。晴れて、風も無く、ゴルフ場に連絡して「今日のグリーンは遅いですか?」「しっかりとラフは刈ってますか?」なんてことになってしまいます。

壁が数字で無くなるとき、たとえ「むずかしい環境」でなくても自分の目標としている人にどれだけ近づけるか、ライバルにわずかであっても勝てるか、そんなことが重要になってくるはずですよ。

壁は目標の一歩前です。数字でなくてもいいんです。しかし、ゴルフをするからには目標が無いと締まらないものです。

上記のような目標が無い場合でも「壁が数字で無くなる瞬間」があります・・・

それを世間一般では・・・

「キレた状態」と言います (゛ `-´)/

目標を見失っているときです。できることから始めましょう。

ルーキーズでは深呼吸だったよなぁ。

ではまた

シェアする

フォローする

コメント

  1. けん より:

    ルーキーズ次週でしたネ。
    危うくビデオ取るとこでした。