アウトサイドインを直す

アウトサイドインを直す方法について解説します。アウトサイドインと切っても切れないスライスです。アウトサイドインを直すことができればスライスも緩和されるはずです。

何度もいいますが私はスライサーでした。えばった事いえないです・・・恥ずかしながら私にできることはみんなできるということです。

SPONSORED LINK

上半身と左腕の関係/アウトサイドインを直す

上半身と左腕の関係 についてお話したいと思います。

身体と両腕にできた三角形を崩さないようにスイング・・・なんていわれます。どうして!?これだけでは意味分かりませんよね。どうして崩れたらいけないの?でもこれがスライスには有効なのです。スライスだけではありません。すべてにおいて有効です。

身体と両腕にできた三角形を維持するという事は特に意識しなくてもいいです。”けん”的には、身体と左腕の間の角度約90度もしくはアドレス時の角度を維持する事が大切だと思います。

身体と左腕の間の角度約90度もしくはアドレス時の角度を維持する事が大切

アウトサイドインの原因の1つ

トップで身体と左腕で作る角度に余裕を持たせる事・・・読みながらその場で行なってみてください。

トップで左腕が身体(左胸)にベタッとくっついているとします。するとダウンスイングでは身体が飛球線後方から正面を向きます。その過程で左腕はどうなります。

すでに身体より前に出てませんか?出てるでしょう・・・これカット軌道いわゆるアウトサイドインですよね。大根切りです。これは身体に左腕がくっついている事により、少しの身体の動きに左腕が敏感に動いてしまうからです。

ここで身体と左腕の間の角度を意識すると、ダウンスイングで身体が正面を向いても身体と左腕の間に角度かありますからこれが車のハンドルでいう遊びになりクラブが前に出ません。

むずかしいですネ!これが分かるとゴルフスイング自体もレベルが一気に上がりますよ。

ではまた

スライス矯正・対策のドライバー選びのポイントです。スライサー向きの矯正対策としてクラブを選ぶ時に参考にしてください。

シェアする

フォローする