肩ラインが開くアウトサイドイン

松山英樹が久々の日本のツアーに登場。スポンサーであるダンロップスリクソンが開催している大会にホストプロとして出場しました。

予選ラウンドから見ていましたが、時差ボケもありボギーをたたく場面もありましたが、何と言っても終始笑顔でプレーしていました。それでもバーディーを狙っているときはやはり世界で戦っているプレーヤーだけに迫力がありますね。

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「肩ラインが開くアウトサイドイン」です。クラブは基本的に体の正面で振ることが理想です。

極端に方が開いた形

しかし、体の正面でクラブを振っていたとしても、右肩から左腰にかけて振っていくと大根切りになります。

体の正面で右・左と繰り返して連続で素振りをすると理想的なスイングになりますが、スイングは一度きりで一方向だけに振るため連続で行なったスイングのような軌道をたどりにくくなり、飛ばそうとすればするほど肩のラインが開きやすくなるのも事実です。

肩ラインが開いた状態ではどんなことをしてもインサイドから振ることはできず、クラブはアウトサイドから出てくることになります。典型的なアウトサイドインのスイングの完成です。

クラブはトップから右腰に落とすようなイメージで振りましょう。それでも肩のラインが開いていてはアウトサイドインになりますので、正面を向いてインパクトすることを肝に銘じて練習してください。

肩を我慢した形

初めてこれを行なうとボールに当たるのかとても不安になりますが、間違ったスイングではないのでボールはしっかりとヒットするはずです。

端から見るとそれほどスイングが変わっていないようにみえても本人としては、全く違う感覚でスイングしているように感じます。それでも、どれだけ練習してもスライスにしかならなかった球筋が少しいつもと違ってブレるようになるはずです。

それだけでも十分な成果だと思います。一歩踏み出すことはたいへん難しいことですが、怖がらず練習してください。

下半身が先行しても肩のラインはインパクトまで残しておくくらいの気持ちで振ることが大切になります。

ではまた

シェアする

フォローする