タイトリストドライバーでぶっ飛ばそう!

タイトリスト 917 D2 ドライバー Titleist-Speeder517

高弾道スライスを直す

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「高弾道スライスを直す」です。右打ちで説明しますので左打ちの場合はいつものように逆に考えてください。特に初心者のときはボールが高弾道で横にスライドするようなスライスになることがありますよね。

高弾道スライスを直す

持ち球とは言えないとてもじゃないけど”使えない球筋”で確実にトラブルになります。右にOBゾーンがあればどんな障害物も飛び越えるほどです。

打ち出す方向を左サイドにとっても高い位置でスライドしながら左から右にスライスしますのでどこにも触れることもなくOBゾーンへ飛び込みます。打った瞬間に分かるミスショットです。

「あッ!」とミスショットに気付いて・・・

「OBかよ~」と思っていると

OBゾーンまでも届かない高弾道スライスになることもありますが、そんなときはセカンドショットで(OBを)やるはずです。

こうなってしまう原因については、体が開ききってしまうからということもあるでしょう。体が開いた状態ではアウトサイドインにしか振れませんし、フェース面はターゲットを向いていますからナチュラルのインテンショナルスライスになります。しかし、それだけで高弾道スライスを頻繁に打つことはできないと思います。

様々な要因によって高弾道スライスになるはずです。左脇が空いてしまうとこともその一つ。左脇が緩むといろんなミスを誘発するスイングにつながってしまいます。

ではどのようにして左脇を締めるといいでしょう。一般的に言われる練習方法はとても効果的です。ただ、問題があります。それは・・・

本気でやってるかどうかです。

左脇にタオルやヘッドカバー、手袋などを挟み練習場で打ってみる・・・ごく一般的な練習方法ですが、これって耳にしただけでやったことなかったり、やったとしても1度だけ感覚をつかむ程度ということってありませんか?

本気で左脇を緩めないようにして打ちましょう。

ただそれだけで直ることもあると思いますよ。

ではまた

投票していただけたらうれしいです!

人気ブログランキング にほんブログ村 ゴルフブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする