スライスの直し方 第2弾

前回のスライスの直し方どうでした?前回のおさらいです。

スライスの直し方 第1弾

歩幅を大きくとり(膝が曲がらないくらい)、両腕が伸びきるくらいに離れてたち、ボールを離して打つと皆さんスライスは直ります。その感覚を普通に構えた時の感覚に少しずつ変えるようにすると直ります。

こうして打つとアウトサイドインに打ちようがないからです。力いっぱい振ってみていいですよ。

野球でセンター返しを打つような感じが掴めるといいです。

今回はスライスの直し方の第2弾です。

チーピン・ヒッカケする人みかけますね!左に飛び出し左に曲がる。これはスライスと紙一重。この場合

  • フェースが閉じているとチーピン・ヒッカケ
  • フェースが開いているとスライス

高い玉のチーピン・ヒッカケの人っていないでしょ。フェースを閉じているからに他なりません。まず、自分のアウトサイドインのスイングを認めることからはじめましょう。(高い球筋でフックする人は必ず、右に飛び出しそこからフックします。)

また、チーピン・ヒッカケする人にはそのボールの低さから、カチ上げて打つ人がいます。こういう人を見てますと、必ずクラブヘッドの最下点が手前にあります(右打ちの場合右側)。最下点のことについては別の項目でお話します。ここはスライスの直し方。

SPONSORED LINK

体の回転にクラブが追いつかない

原因はアウトサイドインにあると思われますからこれを直すことです。といってもこれが厄介ですよね!直らない!!アウトサイドインを直す方法についてたくさん持っています。何度も言うようですが、かなり悩んだからです!

アウトサイドインは体の回転の速さにクラブのスピードが着いていかないことで起こります。クラブがボールに当たる前に体がオープンになっていませんか?クラブのスピードが着いていけてないのです。実際、体の回転を止めてクラブを振るとインサイドアウトに振れるでしょ!

体の回転スピードを落とす

解決策はここに隠れています。慣れるまで体の回転スピードを落とすことです。クラブのスピード落とす必要はありませんよ。あくまでも体の回転をゆっくりにすることです。

インサイドアウト(イン)になってるけど、高いスライスが出た場合はクラブフェースが開いている(オープン)ことが考えられますし、ヒッカケが出る場合はフェースが閉じている(シャット)ことが考えられます。

こうすることで、クラブがボールに当たる瞬間、肩ラインがスクエアになりますよ。

試してみてください。

ではまた

スライス矯正・対策のドライバー選びのポイントです。スライサー向きの矯正対策としてクラブを選ぶ時に参考にしてください。
スライスの直し方 第1弾
アマチュアゴルフファーにとってスライスは永遠のテーマですね!今回はこのスライスを簡単に直す方法をお伝えします。格好は悪いですが、スライスしない感覚を覚えることがまず先決です。

シェアする

フォローする