スライスの直し方 第1弾

アマチュアゴルフファーにとってスライスは永遠のテーマですね!今回はこのスライスを簡単に直す方法をお伝えします。格好は悪いですが、スライスしない感覚を覚えることがまず先決です。また、この方法がうまくいかなくても引出しをたくさん持っている内職父さんですから、今後もスライスの直し方をどんどん掲載したいと思います。

どうしてかって

”けん”は超スライサーだったからです(;´д`)

SPONSORED LINK

スライスの原因を考えてみる

まずはスライスの原因をもう一度おさらいしましょう。

  1. クラブがカット軌道でボールに当たっている。
  2. アドレスがオープンになっている。
  3. フェースが開いている。

などが主な原因と言われていますよね。アドレスをスクエアーにしてもクラブヘッドがボールに当たる瞬間にアドレスがオープンになっていればスライスしますヨ。

スライスの直し方 アウトサイドインに打ちようがない

歩幅を大きくとり(膝が曲がらないくらい)、両腕が伸びきるくらいに離れてたち、ボールを離して打つと皆さんスライスは直ります。その感覚を普通に構えた時の感覚に少しずつ変えるようにすると直ります。

こうして打つとアウトサイドインに打ちようがないからです。力いっぱい振ってみていいですよ。

ではまた

スライス矯正・対策のドライバー選びのポイントです。スライサー向きの矯正対策としてクラブを選ぶ時に参考にしてください。
ドライバーの選び方を徹底解説。初心者・アベレージ・シングルプレーヤーまで自分に合ったドライバー選びのポイント。
スライスの直し方 第2弾
スライスの直し方 第2弾。体の回転の速さにゴルフクラブが追いついていない。この場合、アウトサイドインのスイングになってしまいます。これが原因でスライスする人へのゴルフレッスンです。チーピン・ヒッカケはスライスと紙一重。フェースが閉じているとチーピン・ヒッカケ。フェースが開いているとスライスです。

シェアする

フォローする