ヒッカケでスライスを直す

”けん”です。暑い日が続きます、ゴルフの練習時、ラウンド時は水分をこまめに取りましょう。本日のゴルフレッスンは「ヒッカケでスライスを直す」を簡単にお話しします。スライスとヒッカケは紙一重と言われますが、スライスをヒッカケで直しましょう。

ゴルフの練習を続けていても、スライスに悩まされる人が多数を占めるはずです。中には上手くスライスを克服する方もいらっしゃいます。しかし、ヒッカケがではじめてこれを「スライスが直った」という方も多くいますし、”けん”もたくさん見てきました。

気の知れた仲間であれば、「おかしいよ」と言えますが、そうでない方には、「直ったよ」と言われても

「そうですね」ッとどこかで聞いたフレーズしか返せません。

しかし、本当は、クラブフェースを被せているだけじゃん!って感じなんですよね。アウトサイドインはそのままにインパクトでクラブフェースを閉じている!ボールは左に飛び出し、左に曲がる最悪のチーピンです。

ヒッカケとスライスは紙一重、これはクラブの開閉だけの違いなんです。

スライスしている人が、ヒッカケ球になってしまうんです。面白いもので、その中間のほぼストレートボールは通り越してヒッカケになってしまいます。

悪いことばかりではありません。ヒッカケるくらい、フェースを閉じることができることに自分自身の成長を感じましょう(^m^) ウププ…

あとは、インサイドアウトをマスターすれば、スライスとオサラバできるわけですからね。アウトサイドインの直し方は今までたくさん書いていますので、個々で合うものを探してください。

ハーフスイングでけっこうです、大げさにやってみてください。右腰にクラブをセットしてそこからアウトに振っていく練習をしてみてください。いつもアウトサイドからクラブが降りてきていることが分かりますよ。

もしもそれに違和感がないようであれば、身体の開きが速いということになるかもね。

ではまた

シェアする

フォローする