スエー!違う場所でスイングしてる

”けん”です。スエーについてお話します。多少のスエーはスイングを始動するために欠かせないわけではありませんが、ありとなしで考えると・・・”あり”・・・だとおもいます。しかし、極端に酷いと好ましくありません。スエーすることでよくありがちなミスをお話してみます。ほかにもたくさんあると思いますよ。

バックスイング側にスエーしてしまう。

スエー!違う場所でスイング

”けん”はこれで悩まされました。しかも自分自身ではなかなか気づきませんでした。バックスイングで右足に体重を乗せることを気にするあまり、スエーしていたようです。指摘されてハッとしたわけです。

右サイドに体重を乗せるために体の側面が右側に必要以上に移動してしまっているようでした。ここから、アドレスの位置に戻れるのであればよいのです・・・

戻りきる前にインパクトを迎えてしまうんです。
(ちなみに、(ギャオで)小山内選手は、もっとスエーするように指導されていましたね。ビックリしましたが、元の位置に戻れるのであればいいのかな)

つまり、スイング前のアドレスの位置からずれて、違う場所でスイングしているようなものです

すると、ゴルフクラブで描く軌道で考えても、インサイドアウトになりやすく、クラブフェースをまっすぐに当てようとするとスライスしてしまいますし、フェースを閉じてしまうと左に飛んで左に曲がるヒッカケがでてしまいます。

かろうじて、ボールに届いた!ッて感じのインパクトになります(^m^)

バックスイングでは体の右内側に体重を移動するような感じで行ないたいですね。インパクトはアドレスの再現ということは大げさかもしれませんが、上記のようなことになると大変です。もしも同じような症状の方は一度、ゴルフ仲間に見てもらうといいと思います。

スライス・ヒッカケを直すためには避けては通れない課題かもしれません。左にまっすぐ飛んだり、左に飛びだし右に戻る のもスエーが問題かもしれませんよ。

スエー自体は治すことは簡単ですからね。気にするだけで治りますよ

ではまた

シェアする

フォローする