バックスイングで違和感を感じるとき

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「バックスイングで違和感を感じるとき」です。バックスイングが気持ち悪いと、その段階でミスショットが頭をよぎります。練習中でもバッグスイングの途中でスイングを止めてしまうことがあるくらいです。

バックスイングの確認をしても何ら問題はないのですが、いざボールを前にテークバックするとやっぱり違和感があります。そんなときってありませんか?

そんなとき”けん”は、

テークバックの初期の段階で身体を使ってクラブを動かしてみたり、

トップで身体がしっかりと捻れているか 確認してみたり、

左腕をしっかりと伸ばしてバックスイングしてみたりと

試行錯誤しながら原因を探しますが、ほとんどの場合、上手くいきません。

そして行き着くところがあるんです。これは”けん”だけかもしれませんが、いつものことなので、「どうしてそこに早く気づかないんだ!」なんて思ってしまいます。

特に寒くなってくると、身体を回そうとはしないくせに、”形だけはそれなりに”しようとします。ゴルフ歴が長くなってくるとそんな部分ができるようになってしまうんですよね。

ゴルフレッスン/バックスイング

腕だけでクラブを上げ、楽(らく)しようとします (^^;)v

バックスイングで肩口からトップにクラブが移行するときには、右腕で身体の後ろに引っ張る動きをしてしまいます。自分自身が考えている理想のスイング軌道から大きく離れていってしまいます。

当然ダウンスイングも理想としているところから かけ離れた位置からのスタートですのでボールがまともに飛びません。というよりまともに当たりません。

低い位置からクラブが動き出し仮に理想のスイング軌道に近づいたとしても、それに乗せることはむずかしく、通り過ぎるようになります。まともに当たらないのは当然なんです。

スイングで楽してしまうと、いつもこうなってしまいます。問題なのは右腕で引いてしまうことに尽きるわけですが、何度練習しても悪い部分が顔を出します。

そんなとき、”けん”は意識して左腕1本だけでテークバックからトップまで行なうようにしています。右腕についてはまずは添える程度です。左腕1本だけのバックスイングでは、クラブを持ち上げるのにとても力が要りますが、それだけにいいこともあるんです。

テークバックが普段より「ゆっくり」というより「ゆったり」になります。

左腕で上げると左サイドでクラブを下ろせます。というより無意識にそうなります。左腕で作った軌道です。左腕でなぞったほうが楽なのでしょう。楽するならこんなふうに楽したいものです。

テークバックに時間がかかるので、身体だって回る時間があります。というより回さないとクラブが上がってくれません。

左腕を伸ばし行なうことで、身体と両腕で作った遊び(これについては以前お話しました)もしっかりとできます。

このバックスイングで作った形、スイング軌道を、少しづつ右腕にも覚えてもらうことで力強いスイングが完成すると思います。

同じ悩みを持っている方は参考にしてみてください。

ではまた

シェアする

フォローする