即効性ありダフリの直し方

“けん”です。本日のゴルフレッスンは、「即効性ありダフリの直し方」です。ティーショットも上手くいったあとはセカンドを決めてバーディチャンスのイメージが頭をよぎります!

・・・と、気持ちはグリーン上にもかかわらず打ったボールは、砲丸投げの球がスローモーションで飛んでいってるようにも見えます。

ボールは、グリーン上でもなく、グリーンの右でも奥でもなく、手前。

それもはるか手前・・・

私の目の前にあるボール。そう、恥ずかしさと悔しさが交差する・・・ダ フ リ ヽ(‘Д`;)丿

空振りは論外として、シャンク、4パットの次くらいに悔しいダフリです。ダフリの原因ですが個人個人で違います。1つのゴルフレッスンが人によっては2つ3つの効果があったり、場合によってはまったく効果が無なかったりするのと同じです。

それだけに自分に合ったゴルフレッスンを探すことはむずかしいことです。万人に合うゴルフレッスンなんて基本的な部分ば別としてほとんどありませんし、あったとしたらゴルフはこんなに楽しいスポーツじゃなくなるかもしれません。

今回お話しする即効性のあるダフリの直し方ですが、以前書いたような気がしますが、見当たりませんでしたので書くことにしました。みなさんもゴルフの先輩方や上手な方に教えてもらったことがあると思いますが、一応書いておきます。

ゴルフレッスン/ダフリの直し方

練習場で行なってください。まずは・・・

1.クラブはドライバーでもアイアンでも構いません。ダフるクラブを使って練習しましょう。

2.普段どおりボールを前にしてアドレスを取ります。

3.クラブヘッドをボールよりも上に浮かしてセットします。

4.ターゲット側にクラブヘッドを持っていきます。ボールを打った後のフォローの形になりますよね。

5.そこからバックスイングを始めます!?

6.後は普通に流れの中で振るだけです。

ポイントは惰性の中で振る感じかなぁ。3.のとき、クラブヘッドはあまりボールに近すぎると後ろに飛ばしてしまうことがありますので、そうならない間隔にしてください。

あと、ボールを打つときは、ドライバーでもアイアンでもダウンブロー気味に打つことが、後々効果が持続するポイントです。

ダフリで悩んでいる方!練習場で試してみてください。これでダメなら、ハンドファーストを意識してみてください。これもダメなら、体重移動ができているか確認  ・・・と

だんだん即効性がなくなってきました v(ー_ー)

ラウンド時は、上記の方法でボールなしの素振りしてもいいでしょう。

ではまた

シェアする

フォローする