簡単フライングエルボー解決方法

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「フライングエルボー解決方法」です。飛ばしたいと思ってしまうと、オーバースイングになったりします。なかなか直らないオーバースイングです。また、クラブが長くなるとヘッドの重みなのか、飛ばしたいからなのか、トップで右脇・右肘が空いてしまうこともあるでしょう。

一般的にフライングエルボーと言われるクセです。フライングエルボーと言っても元に戻ればさほど問題になりませんが、一度離れてしまった右肘を体に引き付けるにはかなりのエネルギーを必要としますのでとても厄介な癖です。

大抵の場合、一度離れてしまった右脇・右肘はインパクト付近までに一生懸命追いつくようにスイングするはずです。これが遅れてしまうとスライスしてしまいますし、スライスを気にするとヒッカケが出ます。自分では何も感じなくてもそう見えるからむなしいわけです。

フレッド・カプルス選手も同じくトップで右肘が離れてしまいますが、ダウンスイングの1つのアクションとして離れてしまった右肘が元に戻るから不思議です。カプルス選手の場合、マジックムーブと言われています。ダウンスイングでグリップが肩の高さに来たときには、何もなかったかのようなスイングになっているんです。

私たちの場合、そうはいきません。何を隠そう”けん”もフライングエルボーでしたヽ(‘Д`;)丿。離れてしまっていた右肘を、肩幅内に納めることはとても違和感を感じていました。トップまで上げていない気がして気持ちが悪いのです。

そのためすぐに諦めモードになってしまいます。それでも”けん”の場合、根気強く直すことに成功しました。”けん”の場合、この根気強さだけが唯一の長所です。(^_^;)

フライングエルボーが、簡単に直る方法があります。それが以下。

フライングエルボーが簡単に直る方法

そうです。ストレッチです

まずは正面で左右の拳と肘を付けます。離れないようにして上下に動かすようにしてください。すると黒い線の部分の両脇の下辺り・両腕の付け根、背中辺りにストレスを感じるはずです。

10回ほどでいいでしょう。これを行なうことでフライングエルボーが直ってしまいます。何も持たずトップの形を作ってみてください。違和感なく普通のトップが完成します。

あとは意識の問題です。「フライングエルボーにならないぞ~」と思ってスイングすると・・・

アラ不思議・・・直ったぞ!

ストレッチはとても大切です。ラウンド前や練習のときだけではありません。普段からストレッチをすることをおススメします。気持ちもいいので時間を見つけて行なってみてください。

ではまた

コメント

  1. 匿名 より:

    これはすごいですね!!
    感謝のぽちして参ります。

  2. けん より:

    お役に立てて幸いです。