フェアウェイウッドに自信を付ける

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「フェアウェイウッドに自信を付ける」です。最近では珍しくなくなったフェアウェイウッドの複数所持。アイアンよりもフェアウェイウッドの方がたくさんキャディバッグの中に入っている人もいるくらいです。キャディバッグがヘッドカバーでビックリするくらい頭でっかちです。

フェアウェイウッドは簡単にボールが上がりますし、多少ダフった感じになったとしてもナイスショットと遜色のないショットになったりして、「アッ」と声を出したとしてもボールは案外いいところにあったり少し恥ずかしい感じになることもあります(^m^) 。

それくらいやさしいということです。ただ、ドライバーの次に飛ぶクラブということで少し力んだりしてミスすることはあります。”けん”は基本的にフェアウェイウッドを使うことをためらってしまいます。それは不得意と思っているからです。

フェアウェイウッドを使うくらいなら、ユーティリティークラブを使うことが多いです。それでもどうしても使わなければならないときもあるわけですが、思っているほどミスすることはありません。以前の嫌な記憶が苦手意識につながっていると思われますヽ(‘Д`;)丿。

フェアウェイウッドの打ち方

フェアウェイウッドの打ち方ですが、”けん”の場合、低く長くクラブヘッドを出していく感じです。クラブシャフトが他のクラブと比較して柔らかい分(”けん”のクラブ)、ヒッカケるときがありますので、そのことをふまえてほんの少しだけターゲットラインを右に取るようにしています。しっかりと自分にマッチしたシャフトを選ぶことができればそんなことする必要はありませんけどね。

飛距離が出ない非力なゴルファーにとってフェアウェイウッドはゴルフの生命線です。フェアウェイウッドを多用しない限りスコアは望めません。裏を返せば、フェアウェイウッドさえそれなりに打てれば、飛距離の出るパワーヒッターと互角以上に戦えるわけです。ゴルフでは自分の武器は自分で選べます。ゴルフの面白いところです。

フェアウェイウッドが上手い人はアイアンのようにダウンブローに打っているようです。この考えは今も変わりません。飛距離は出ませんが、確実に正確な距離を刻むことができますし、グリーンを狙う場合でも距離によってはしっかりと止まってくれます。

フェアウェイウッドはむずかしいの?

フェアウェイウッドをむずかしく感じる人がいると思います。”けん”もそうでしたからね。未だに何となく不安なときもあります。でも冷静に考えてみてください。

「セカンドショットで使うときフェアウェイウッドがむずかしいんだよなぁ」ってことありますよね。2打目にフェアウェイウッドを使う、と考えたとき、パー5でもない限り、ティーショットでのミスでフェアウェイウッドを使わざるを得ない状況に置かれているからってことありませんか?

フェアウェイウッドが苦手、難しいというよりも、セカンドのライがむずかしい場合が多いです。だからミスしてしまうんです。冷静に考えてみてもセカンドのライがレベルということは考えにくいわけですし、ミスショットしていれば左足下がり、つま先上がり、つま先下がり、それも角度が付いていてアドレスするのも困難ということもあるでしょう。

というわけで・・・

フェアウェイウッドに絶大な自信を付けるためには、まず・・・

ティーショット次第と思って間違いありません。

ではまた

シェアする

フォローする

コメント

  1. TETSU より:

    けん様

    いつも楽しく拝見させていただいています。

    確かにティーショットがうまくいけばほとんどフェアウェイウッドを使わずにすみますが、失敗した時には、ティーショットミスのショックも引きずって(挽回してやろうとするあまり)またミスすることが多いです。それに加えてライの悪さもあるんですね・・・納得。

    あと非力なオジサン達はドライバーで200ヤード、それからフェアウェイウッドで180ヤードが普通のパターンで、普段から圧倒的にフェアウェイウッドの使用頻度が高く、練習不足の我々と比べ憎らしいほどうまく打ちます(笑)

  2. けん より:

    TETSU さん

    遊びに来ていただいてありがとうございます。

    非力なおじさん達は、(・・・といっても私もオジサンですけど)フェアウェイウッドはアイアンとして捉えている気がします。
    私たちはどちらかというとドライバーの小さい方と考えていますしね。

    狙うクラブと飛ばすクラブの違いは多いと思います。

    そして、そのおじさん達は大抵の場合・・・

    みんごるの鈴木さんのようなスライスかフェードです!!