フィニッシュに向かってスイング

”けん”です。本日のゴルフレッスンは、「フィニッシュに向かってスイング」です。ゴルフ練習場では常にバックスイングやダウンスイングからインパクトまでの練習に終始している人が多いです。

誰一人としてフィニッシュに重きを置いた練習をしている人はいません。フィニッシュはバックスイングやダウンスイング、インパクト同様にとても重要なのですが、それをおろそかにしているのはおかしな話です。

確かにボールを飛ばすのはインパクトであり、そのインパクトを作るのもバックスイングからダウンスイングです。フィニッシュはボールを打った後だけにあくまでスイングの結果であることはいうまでもありません。

そのため、フィニッシュでバランスを崩すということは理想的なスイングが出来ていないことを意味します。人間は面白いもので見えないインパクトでミスを感じ取ることが出来るのです。インパクト直後にミスショットと感じることがみなさんも多々あると思います。

ここに遊びに来られているみなさんにはぜひフィニッシュを作り上げることに力を入れることからスイングを作り上げたり見直したりしてください。フィニッシュでバランスが良いとスイングバランスも良く結果的にイメージに近いボールを打つことが出来ると思います。

インパクトで真っ芯に当たらなかったとしても、フィニッシュのバランスがよければOBなどのトラブルにはならないはずです。そのため、アドレスからスイングするときにインパクトに向かうのではなく、フィニッシュに向かって行なうべきです。

ショートスイングでもフィニッシュを決めてそこに向かってスイングすると今まで出来なかったスイングが出来るようになります。イメージ通りのハーフショットが可能になります。最初にフィニッシュを決めることはとても良いことなのです。

フィニッシュを意識することで体重移動が実にスムーズに出来るようになります。インパクトを意識が向いていると体重移動が右から左ではなく、右から中央そして右と、左に体重移動していない人もよく見かけます。

体重移動がスムーズに出来るということは、左壁を作ることにも直結すると考えられます。インパクトで伸び上がるような形になっている人でもフィニッシュに向かってスイングすることで、上体が伸び上がらず、左サイドに体重をしっかりと乗せることが出来るようになります。

アドレスからフィニッシュまで作り上げた後、少しずつスイングの枝葉を付けていきましょう。

ではまた

シェアする

フォローする