肩幅からグリップが外れる

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「肩幅からグリップが外れる」です。かなり悩んでいる人がいるはずです。ゴルフ練習場でも悩んでいなかったとしてもかなりの確率でこんなゴルファーがいますからね。

肩幅からグリップが外れるとどうなる

トップまでクラブが来ると肩幅からグリップが外れていくことはあると思います。それでも多少外れるくらいと考えています。

アドレスからバックスイングに動き出すときに早い段階で肩幅からグリップが外れてしまうとトップからの切り返しでクラブが下りてこないことになりかねません。

クラブが下りてこないと同時に起こることがあります。それが、アウトサイドインの形です。肩のラインがターゲットに向いたときでも、まだクラブが下りてきていない、といった形に陥りやすいんです。

クラブが下りてくるころには、肩のラインがターゲットよりも左を向いているためボールに当たるころにはフェースが開いたカット打ちになり、結果、スライスということが多いです。それを嫌ってフェースを被せたヒッカケもあります。

グリップを肩幅内に収めると違和感が・・・

グ リップを肩幅内で収めるには、いくつかの方法があると思います。しかし、どれも中途半端で気持ちの悪いものになることが普通です。それまでのスイングを 100とすれば、おそらく半分の50くらいのスイングしかできていない、力が入らないスイングといった感じを受けると思います。

グリップを肩幅内で収める方法として考えられるのは、トップの形を意識してグリップをあらかじめ肩幅内に収めておき、そこからスイングする方法ですが、慣れるまでに時間がかかると思いますし、違和感があることも事実です。

簡単!グリップが肩幅内で収める方法

ここでは簡単なグリップを肩幅内に収める方法をお話します。両肘を伸ばしたままバックスイングし、できるだけそれを保つことです。当然ですが、いくらかは右肘が曲がりますけどね。
グリップが肩幅内で収める方法
こうすることで、感覚はつかめるはずです。練習場へいけない人は、お風呂に入ったときに、肩甲骨(背中を)を浴槽に付ける形にして座り(普通に座ればそうなりますけど)、水面付近でグリップしてみてください。

そのときに、両肘を伸ばしてみてください。そして、その形のまま左右にグリップを動かしてみてください。肩幅内でしかグリップは動かないはずです。胸と両腕で作った三角形、本来、三角形は動かないものですが、人間の関節の柔らかさの分だけ動くことがわかります。

肩のラインをターゲットに合わせるには

ちなみにお風呂の中で・・・

仮のターゲットをイメージすると肩のラインが左を向いているような気がするはずです。グリップの関係上、右手が先にありますから、右肩が出ているような感覚を受けるはずです。

ターゲットに肩のラインを合わせるためには、右肘を軽く曲げることになりますが、それだけでは違和感を感じることになると思います。右肘を軽く曲げると同時にほんの少しだけ右肩を落としてあげれば違和感なく、ターゲットを向くことができると思います。

あくまで”けん”の考えであってみなさんに合うとは限りませんよ。

ではまた

コメント

  1. はるる より:

    なるほど、肘を伸ばした状態だと関節でも外さない限りどんなに動かしても肩幅からは外れませんね。似たようなレッスンを先日受けたところでした。最近ようやく小さく変更した(つもり)のトップの切り返しのタイミングがしっくりくるようになりました(3~4ヶ月かかりました)。

    あとお礼ですが、自分のブログでイラストが欲しいときに、”けん”さんの使用しているイラストのタッチや色の付け方を少し真似させて頂きました。ありがとうございました。

  2. けん より:

    はるるさん
    こんにちは。

    このことつきましては時間がかかります。まずは感覚を掴むことが何より大切かもしれません。

    それと・・・イラスト。いきなりレベルが高いと思います(^_^;)
    ”けん”が最初の方に描いたイラストは見れたものではありませんでしたから・・・