左脇のゆるみ

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「左脇のゆるみ」です。左脇が締まっていないと良いことがありません。これはゴルフに限ったことではありませんが、特にゴルフでは昔から言われていることです。よく「左脇を締めてアドレスするように」と指導されたものです。

左脇がゆるいと手打ちになりやすくなります。バックスイングするときには、毎回軌道が変わりますし、それに伴いトップの位置もダウンスイングの軌道も固定するのがむずかしくなります。

左脇を締めていると、バックスイングで腰を回すだけで、それに連動して勝手に左腕もついてくるため、無駄な動きをすることなく毎回同じ軌道を通りやすくなります。とてもシンプルです。

「インパクトはアドレスの再現」と言います。なかなかむずかしいことなのですが、悪い部分はしっかりと再現してしまうという怖さも秘めています。左脇がゆるいとインパクトで左肘が背中側に回りやすく、アドレスで締まっていなかった左脇は、結果として”左肘の抜け”につながりかねません。

自然なアドレスとも言われますが、私たちは楽なほうに行きたがるものです。左脇を締めてみるとそれが決して自然ではない気がしますよね。それをできるだけ自然にするためにもう一度アドレスを考える必要があると思います。

左脇を締めることで左肩が上がってしまうことがよくあります・・・というか左脇を締めるように言われると大抵の人が左肩が上がるようです。

また、アドレスでは多少左サイドが高くなるのは当然ですが、あまりにも酷い形になってしまうことがあります。それを続けていると・・・左足上がりのライでもないのに「打ち上げホールか?」と思えるほどのアドレスになっていることもあります。

左サイドが高くなっているというよりも右に傾いたアドレスになってしまいます。これでは普通に打ってもダフることは誰が考えても分かることです。自分でミスショットが生まれるアドレスを作っているわけです。

それでも・・・これって実は簡単に直ったりします。みなさんも試してください。

左肩を上げることで左脇が締まります。また体を右に傾けることで左腕が体の左側に乗るために左脇が締まったように感じます。これでは自然なアドレスにはほど遠いはずです。

左脇を締めることで肩に力が入り左肩が上がるのが原因でそこから変化してしまったアドレスが右に傾いたアドレスです。できるだけ”自然なアドレス”にするために、肩の力を抜き肩を下げてみてください。そのとき左脇が締まっていますか?それだけで十分です。

左脇のゆるみ

これなら、アイアンでもダウンブローに打つことができますし、ドライバーだってカチ上げなくてすみます。そして、意識しなくても左サイドの壁が作りやすくなると思います。

”力を抜くこと”ただそれだけのことでゴルフが変わるかもしれませんよ。

ではまた

シェアする

フォローする

コメント

  1. じゅん より:

    こんにちは、私も調子がわるいなーと思ったときは
    だいたい左脇にゆるみがあります。アドレスの大切さは
    スコアがよくなる程痛感いたします。