左肘の抜けが直るかも

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「左肘の抜けが直るかも」です。癖になると後々これほど直らないものはありません。できれば、最初から左肘が左わき腹に行かないようにすればよいのですが、これもむずかしいですよね。

”けん”は、左肘の抜けに関してかなり悩みました。当時、大スライスしていたのでできるだけ左側に引っ張ることでスライスを少しでも緩和したいと初心者の浅はかな考えのもと、今考えればスライスの練習をしていましたヽ(‘Д`;)丿。

ある程度、ボールがどのようにすれば曲がるのか、頭で理解できるようになって、初めてこれではいけないと気づき左側に引っ張ることを止めたわけですが、どうしてもスイングした後、左肘の行き着くところは左脇腹でした。

手打ちになっていたわけです。そこで前傾姿勢どおりにスイングし上体が腕を引っ張る形にしてみることにしたわけですが、やはり行き着くところは左脇腹。分かっていてもそこから離れないんです。恐怖心というか左脇腹から左肘を離してしまうと心細い気持ちになってしまったものです。

また、方向性を重視するがゆえに、インパクトの瞬間、肩のラインをターゲットに向け続け過ぎると体の向きをクラブが追い抜いてしまい行き場をなくした左肘は左脇腹に行き着いてしまうことになります。これは上級者の方に結構多いスイングミスです。

アップライトで直す

みなさんが左肘が抜けるのであれば、まずは前傾姿勢どおりスイングし尚且つ上体が腕を引っ張るスイングをしてみてください。それでも直らないようであれば、アップライトのスイングを試してみてください。

アップライトのスイングにすることで、確実に左脇腹から離れますし、行き場をなくすことなくスイングすることができます。それでも左肘が左脇腹に逃げ込もうとするときは、お腹が腕に着いていこうとしていないか確認してみてください。

これは、上体が棒立ちになっている感じです。そうならないためにも前傾姿勢が大事ということです。もしもフラット過ぎるスイングになっているのであれば、当然そこから見直してみてください。

ショートスイングで直す

最初は顔の前でクラブを振ることも良いかもしれません。ルックアップ打法になりますけど。素振りで試してみてください。クラブを見ながら振るととてもいいスイングができるものです。そのため右肩から左肩までのショートスイングを行なうことはもっと良いはずです。

ショートスイングで直す

安心して左脇腹から・・・

左肘が飛び立ってくれます

ではまた

シェアする

フォローする