手本のスイングは自分自身

”けん”です。本日のゴルフレッスンは、「手本のスイングは自分自身」です。憧れのプロゴルファーのスイングは、よどみなく、しなやかに動きます。自分にはそれができません。憧れのプロゴルファーも私たちと同じように誰かのスイングに憧れて真似をして練習を繰り返していたはずです。

だからといって果たして憧れのスイングに近づけたでしょうか?おそらくそんなことは無いはずです。体格・考え方など、すべてにおいて違う人間が同じスイングなどできるはずが無いのです。たとえ、出来ていたとしても、それは傍から見てもまったく違うスイングに見えているはずなのです。

憧れのスイングは、1つのサンプルでしかないのです。それに近づける必要はまったく無く、自分のスイングを個性的に作り上げることの方が重要なのです。

たとえば、あなたが憧れられる魅力のあるスイングをする有名なプロゴルファーだったと仮定しましょう。あなたに憧れているため、挙ってアマチュアゴルファーはあなたのスイングの真似をします。

それでもあなたのスイングを真似することは出来ないのです。たとえそれが、石川選手やタイガーウッズ選手があなたのスイングに憧れていたとしても完全に真似ることは無理なことなのです。

真似たスイングで良いスコアを出すことはむずかしいことが誰もが理解できるはずです。自分の形ではないスイングでラウンドしてもスコアがよくなるはずがありません。なのに私たちはそれをしようとしているのです。無駄にパーツを増やすだけでスイング中に考えることが増えてしまうことになります。自分のスイングが大切なんです。

自分の手本のスイングは、何も考えず(無の状態で)ボールを打ったときの自分自身のスイングと理解しましょう。結果的にそれがプレッシャーのかかるときや苦しい場面で力を発揮することになるんです。

では、誰の真似もすることなく練習した方がいいのかというと、そんなことはなく、真似ることでスイングのイメージが出来ることもあると思います。とくにコースマネジメントには効果的です。真似をするのであれば、コースマネジメントやそれに伴うメンタルの持って行き方を真似したいものです。

練習場ではいろんなことを考えボールを打ちます。1つでもパーツが抜けてしまうと「これを忘れていた!」だからミスしてしまったとミスの原因にしてしまうのです。人間はスイングの一瞬の間にそれほどたくさんのことを考えて行動することはできません。せいぜい2つくらいなものです。

もしも行なわなければならないことがあるのであれば、動き出す前のアドレスのときに対応できることではないか考えてみてください。それが出来ないのであれば他のスイング中に行なうこととの比重を考えてみてください。必ずしも必要ではないかもしれません。

私たちは心配性です。すべてにおいて完璧に事を進めなければ納得できないところがあります。特に私たちゴルファーは。

スイング中に考えることが10箇所あるのであれば、実際に出来るのは2箇所くらいなものです。あとの8箇所は忘れているのです。今まで”学んできた”いろんなレッスンで研ぎ澄まされたあなたのスイングは、どこの箇所を使うかで変化するはずです。それで不安定なショットになっているのかもしれません。

もしも、何も考えずにスイングしたとしても練習してきた成果はスイングに余韻として残っているでしょう。以前よりも確実によくなっているはずです。もしも悪くなっているのであれば、それは自分に不必要な箇所といって良いと思います。

勇気を持って何も考えず無の状態でボールを打ってみてください。それが最終的に実践で役立つスイングになるはずです。練習中にいろいろな考えたことを試したあと、最後の5球は必ず何も考えることなくボールを打つことにしてみてください。

ただ、無心に1打1打、打つことが現在の殻を破ることにつながると思います。

ではまた

シェアする

フォローする