ボールが左右に曲がる

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「ボールが左右に曲がる」です。飛ばそうとすればするほど、ボールが曲がってしまい、それを恐れて小さなスイングになってしまいます。練習場の勢いはどこへ行ったのか!打てば打つほど右に左にOB連発です。

極度の緊張からOBの連発は考えられますが、それ以前にスイングが固まっていないことがその根底にあるかも・・・と考えたことはありませんか。

ゴルフをしているととても格好悪いスイングのゴルファーにスコアで負けてしまうことがあると思います。とくに練習しないラウンド中心のゴルファーに多く、ゴルフ大好きの自営業者であまり運動神経がよくないタイプが多いと思います。

毎日練習しているのにそんなゴルファーに負けることは許せない!これほど悔しいことはないわけです。しかし、現実負けてしまいますのでゴルフのスコアという物差しで考えると相手のほうが強いということになります。ゴルフはスコアがすべてでスイングの美しさを争う競技ではありません。

どんなに練習してもスイングを固まらないゴルファーはいます。その多くが手打ちのスイングです。手打ちのスイングは同じ動作を繰り返すことに向いていません。実際にわざと手打ちのスイングをしてみるとよく分かると思います。

手打ちスイングはどこからでもボールに当てることができるのです。手はとても器用なだけにそれが可能になるのです。インサイドからもアウトサイドからもどこからでもクラブを出すことができます。これではあまりにもたくさんのルート(軌道)がありすぎることになります。

体(大きな筋肉)を使ったスイングが大切とレッスン書などに書いてありますが、その通りだと思います。ただ、体を使ったスイングだからといってボールが曲がらないわけではないのです。

体を使うと手打ちのスイングと違いクラブの通るルートが限られてくるはずです。そんなにいろんな方向へ動かすことはできないのです。これがスイングの再現性につながります。そのため、曲がったとしても曲がる方向や曲がり幅に再現性が出てきます。

それは自分の持ち球になるわけで、これでコースマネジメントをすると、しっかりとしたスコアを出すことが可能になるわけです。

それに加えて練習をしてスイングを修正していき、違和感のない自分の持ち球を作っていきましょう。そう考えるといつも負けてしまう格好の悪いゴルファーは、格好悪いスイングなりに固まったスイングをしていることに気づくと思います。

お金のかかった(ラウンドで)スイングでアレくらいです。みなさんがその気になれば、きっと勝てるようになります。ただ、格好が悪くてもスイングが固まっていればスコアにつながることは理解しておきましょう。そして現在負けていることも自負することです。それが明確な目標になるからです。

手打ちのスイングは、特に寒くなると誰でも陥りやすく、そのままの形でシーズンインしてしましまえば悪い癖になることもあります。今日からもう一度、体がしっかりと使えているか確認してみてください。楽にクラブを上げることができれば・・・

怪しいです

ではまた

シェアする

フォローする