トップを小さくする方法

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「トップを小さくする方法」です。トップオブスイングが大きいことは良いことではありますが、そこにオーバースイングなどがくっついてくるとショットに影響してきます。

トップを小さくする方法

大きすぎるトップを直すためにはそれなりの違和感を感じることになります。たった5センチトップの位置を下げるつもりで振っただけでも気持ち悪く感じるはずです。しかも自分では下げているつもりでも確認してみるとたいして変わっていないことにガッカリします。

右打ちのゴルファーが、左打ちでスイングすると決してオーバースイングにはならないはずです。飛ばそうとする気持ちがいつの間にか大きすぎるトップになり、いつもの場所へクラブが収まることになります。なのでオーバースイングで悩んでいるみなさんは最初からオーバースイングだったわけではないと思います。

テイクバックのときに意識を下に持ってくることで少し違和感をなくすことができます。グリップをいつもよりも下げる気持ちでスイングします。ただこのままではクラブヘッドがトップに近づくにつれ加速していく人もいるでしょう。そうなるといつものオーバースイングと大差ありません。

グリップを下げる動作を両肩を下げるつもりで行います。すると比較的トップが小さくまとまると思います。もしもこれで上手くいくようであれば、これまでついたスイングの垢を落としてみてください。

だからといってこれでナイスショットが連発するということではありませんが・・・

私もオーバースイングで悩みました。自分で試して上手くいったことはみなさんと共有ということで・・・オーバースイングについてはこれまでもたくさんの記事を書いています。今回の記事が合わなかったとしても別のものを検索してみてください。もしかすると開眼するかもしれませんよ。

ではまた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Maple より:

    こんにちは。
    私もオーバースイングで悩んでました。
    その為、軸が起きてしまったり、左肘が折れてしまって、アドレスに戻ってこれないパターンでした。
    私の場合は軸をブラさないよう意識しつつ右肩を回るとこまで回すようにしたら、それ以上左腕が上がろうとしなくなり、安定してきました。

  2. ken より:

    Mapleさん
    ”けん”です。コメントありがとうございます。

    オーバースイングで悩んでいる方は結構いますよね。私も同じく苦しんだうちのひとりです。
    私の場合、明らかに左手首が甲側に折れた形になっていました。直るまでかなりの時間を費やしたと思います。
    直ったと思っても力が入ると出てくるんですよね。

    Mapleさんのように自分で解決できる人はごくわずかです。ゴルフ楽しんでください!

    ではまた