オーバースイング矯正

”けん”はオーバースイングで悩んだ時期があります。左手甲が外側に反り返ることが原因でした。レッスンなどにも書かれている典型的なオーバースイングです。

左ひじは伸びてましたので、それだけが救いでしたが・・・・ 左手甲が外側に反り返ることを矯正することは非常にむずかしいです。”けん”と同じ症状の方多いと思います。どのように直したのかお伝えします。

時間はかかりますよ。

まず、実際に左手甲が外側に反り返っているのかを確認してください。そうしないと左ひじが曲がっていただけかもしれませんからね。テーピングを用意して、左手手首に巻いてください。

これで実際にボールを打ってスイングしてみてください。違和感があれば左手甲外側のテーピングに跡形がついているはずです。

テーピングで練習していてもいつかは直るかもしれないと思います。

しかし、ゴルフの練習やラウンドのたびにテーピングをぐるぐるでは、お金がかさみますよね。ではリストバンドではどうかというと、リストバンド自体役割がちがいますし、着けてみるとわかるように効果なしです。

テーピングをはずし、ボールを打ってみるとわかると思いますが、左手首が痛いです。それだけ今まで左手甲が外側に反り返っていたことに気づかされます。ではどうすればいいのか!

以前お話したことです。「スライスの直し方~第五弾~」で書いています。

抜粋します。

「スライスの直し方~第五弾~」


テイクバックの早い段階までに、 左グリップを地面に向けます。つまり、左手甲を地面に向けます。すると 右手甲に角度が付きますよね。その角度を保ったまま、トップスイング。

左腕リードでインサイドから打ちます。このとき右手甲側についた角度は保ったままです。すると、ドローボールが出ます右に飛び出すプッシュアウトが出ても戻ってきますよ。

これはシャットフェースを保つ事によりできることです。本気でスライスで悩んでいる方は試してみてください。打つ瞬間に、リストを返してヒッカケたり、返りきらずスライスしたりと意外とリストが悪さをする事があります。

そのリストを初めから固定してスイングする事でボールのブレを一定にします。


抜粋

と書いています。

初めの部分になりますが、テークバックの初期の段階で、左手甲を地面に向けるのです。左手甲を内側に折るという逆の動きをするのです。

”けん”はこれでオーバースイングといっしょにスライスも直しました。なお、バックスイングするときに左手小指を内側に巻き込む感じで行なうと感覚がわかると思います。これってジャンボ尾崎選手のマネなんですよ。

ではまた

シェアする

フォローする

コメント

  1. オーバースイングにも効果あり - ゴルフレッスン +72ゴルフブログ より:

    […] ■ オーバースイング矯正 […]