スイング改造してみるか

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「スイング改造してみるか」です。周りの人に、いいスイングしてるね!スイングきれいだね!なんておだてられていませんか?

それなのに・・・

自分のスイングの連続写真を撮ってみたり、ビデオを撮ってみたりすると・・・

「ホントに!?・・・・僕ですか・・・」

と感じるくらいに醜いスイングになっていることがあると思います。その気になっていただけに、客観的に見た自分のスイングにガッカリしてしまうものです。

自分の中にあった理想のスイングの形と大きくかけ離れていることにショックを覚えます。しかし、ビデオを撮ってまで上手くなりたいと思うゴルファーにとっては、何より良いゴルフレッスンで、「ここをこうしてみよう」なんてことになり、一生懸命練習に打ち込めるはずです。

成果を見るために再度ビデオ撮影してみても、以前とあまり変わらないスイングをしている自分がいるはずです。相当な意気込みで大胆にスイングを変えなければスイングは変わらないんです。

自分では、20センチ近く、トップを下げたつもりでも実際はほんの数センチしか下がっていなかったりして思うような結果にはたどり着くことはできないことが多いです。

それなら・・・ということで、トップの高さを右肩までと決めスイングします。これでやっと理想のトップの高さに収まるという現実を目の当たりにして、これでいくのか、それとも以前のままでいくのか、とても悩むところです。

結局、右肩までのスイングにしてしまうと、とてもフルスイングしている気持ちになれず、もとのスイングに戻すことになると思います。またはもとのスイングに戻るはずです。

しかし、手打ちスイングなど原因は他のところにあって、いくら腕の高さを変えようとしてもそれは根本的には直っていない部分なんです。そのためトップを右肩で止めるようにするよりも、理想のトップまでしか上がらないようなスイングを目指すために他の部分をチェックすることが大切です。

そのためには、理想のトップより少し下げたところで静止させて体のいろんな部分をチェックしていくことがとても効果があると思います。トップを少し下げるのは、バックスイングの惰性で理想のトップに収めるためです。

そんなことを考えながらスイング改造してみてください。きっと理想のスイングに近づくはずです。しかし、スイングがいくらきれいになっても、実践的なスイングかどうかは分かりませんけど・・・

ではまた

シェアする

フォローする

コメント

  1. 女子ゴルフ情報! より:

    宮里美が62で一気に首位へ 米女子ゴルフ第3ラウンド…

     

    【コーニング(米ニューヨーク州)23日共同】米女子プロゴルフツアーのコーニング・クラシックは23日、米ニューヨーク州コーニングのコーニングCC(パー72)で第3…