右膝の送り方

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「右膝の送り方」です。右膝が前(アドレスしたときの正面)に出てしまうことから様々なスイングトラブルに陥ることがあります。

意外に見落としがちな部分でもあります。他のところに気を取られて肝心なところに気づいていなかったということになります。右膝の送り方次第でボールに力が加わるかどうか変わってきます。

右膝が前に出てしまう場合、どのようなことが起きるか考えてみると

右膝が前に出ると背中も曲がるドアスイングになりやすいのでインサイドからクラブを持ってくることがほぼ不可能になる。スイング軌道は当然アウトサイドインになる。

・右側のスイング弧が大きいため最終的に右サイドに体重が残ってしまい、明治の大砲と呼ばれる形に収まることがある。

・右膝が出ることから連動した形で右腰が前に出てしまい、グリップの通り道が確保できず、体の近くをどれだけ通そうとしてもむずかしくなるため、場合によってはシャンクすることもある。

・スイングした後にしっかりとしたフォロー・フィニッシュをすることがむずかしくなる。

格好も悪いですし、右膝が前に出ると(曲がると)背中も曲がるような気がします。もしかすると右足を上げることで、ボールとの距離感(間隔)がつかめなくなるため、一度上体を下に落とすところから、体を起こしていってボールに当てる!?なんてことも考えられないこともないです。しかし、これがダフリやカチ上げになるのです。

このようにたくさんのスイング的な欠点が現れます。ゴルフレッスン書でもこのことについてはたくさん書かれていますが、なかなかこれといった対策が見当たりません。たまに書いてあっても素通りしてしまうこともあります。一般的なレッスンでは

  • 右足のかかとをインパクトまで上げないように我慢する。
  • 体の開きをできるだけ遅らせる。
  • 右膝が前に出ないようにする(直接的なレッスン?)

などですが、”けん”がおススメするのは、

  • 右膝を左膝の横に引き付けるように動きをすること

右膝が前に出てしまうこと頭の中でイメージしてください。右サイドにクラブがあるときはスイングが大きく、左サイドにクラブが動いていくとどんどんスイングが小さくなることがイメージできると思います。

アウトサイドインになる

逆に言えば、右サイドを小さくすれば左サイドを大きく出来るということもイメージできるはずです。そのためには右膝を前に出すことは決してやってはいけないことなのです。左サイドのスイングが大きくなると飛距離アップにつながります。

右膝を左膝に直線的に引き寄せるようにすること。イメージ出来ない場合は、メジャーリーガーのイチロー選手のような後ろ足が前足のほうへスライドしていることを想いお浮かべましょう。これは大げさですが、それくらいのイメージの方が分かりやすいと思います。

しっかりと右サイドに体重移動が完了します。飛球線に対して、平行に右膝を左膝に押し込むことで、スイング軌道にも影響を与えるはずです。これだけでアウトサイドインが直ってしまうこともあるでしょう。そのため、飛距離だけでなく方向性もアップするのです。

どんなに練習したり、教えてもらっても、アウトサイドインが根本的に直らない方は是非試してみてはいかがでしょうか。人によってはゴルフのスイングの概念が劇的に変わってしまうほどの感覚があるかもしれませんよ。

ではまた

シェアする

フォローする