右肩の下がりを直す

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「右肩の下がりを直す」です。練習場で右肩が下がっている人を多く見かけます。右肩が下がる原因も様々で一概にこうだ!と言えないのですが、簡単に直る方法も後でお話します。

今までも右サイドの下がりを防ぐ方法はいくつか書いてきましたが、右サイドが下がってしまうとダフってしまったり、ドライバーではカチ上げてしまったりと良いことはありません。

右サイドが下がってしまう最初の原因は、ダウンスイングでタメを作るようになったとか、インサイドからクラブを振り下ろすようになったときではないでしょうか。

悪いことではないのですが、良い部分をスイングに組み込むために悪い部分も取り入れてしまい、結果として交ぜ合わせた悪いスイングになってしまうことはよくあることです。

右膝が必要以上に曲がることで、膝の高さが変わることもあります。アドレスで作った両膝の高さはとても大切な土台です。膝の高さが段違いになることは、土台が傾くことになりますので上体をどれだけ真っ直ぐにしようとしても難しくなりますので膝の高さも意識してみてください。

右脇が、ゴルフではありえない方向へ曲がっていませんか?右脇腹にボクサーのパンチを受けたときのような仰け反ったというか、へこんだ形になっていないでしょうか?バックスイング時は、きれいに回転(捻転)しているはずです。その通りに戻すことを心がけましょう。

そして、簡単に右肩の下がりを直す方法ですが、クラブのヘッドを寝かさない気持ちでダウンスイングを始めることです。とても簡単ですので試してみてください。

右サイドの下がりを直す方法

寝かしているつもりはないけど、実は体が右側に倒れている分、クラブも右に寝てしまっていることがあります。しっかりと軸を保ち平衡感覚を研ぎ澄ます気持ちでスイングしてください。

多少、右肩が下がるのは自然な形です。前傾姿勢でアドレスをしていますし、グリップだって右手は左手よりヘッド側を握っているから仕方ないのです。しかし、それ以上の右肩の下がり幅はとても良いスイングと言えませんからね。

ではまた

シェアする

フォローする