右肩の下がりを直す方法3

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「右肩の下がりを直す方法3」ということで、やっと本題です。練習場で右肩が下がっている人をよ~く見てください。たくさんの人がこうなってますよ。

ゴルフレッスン/右肩の下がりを直す方法3

アドレスで右肩は当然下がります。これはあとでお話ししますが、必要以上に下がって見えることが多いです。実は・・・

左肩が上がってることで右肩が異常に下がって見える場合が多いようです。しかし、問題は外見だけではありません。右肩と左肩の高さの落差はそのまま影響してしまいますのでその辺が問題になります。

左肩が硬直しているかのように、左頬(ほほ)あるいは左首付近に左肩が近づいていませんか?

まずは、どうして右肩が下がるのか考えましょう。これも以前の記事からの抜粋になりますが、気になる方は試してみてください。

両肘を伸ばしてください。ゴルフクラブのグリップを持つと右手のほうがクラブヘッド寄り(左手がグリップエンド寄り)になります。

そのままの状態でソールしてみてください。これでアドレス時、前方に右サイドが出るはずです。右肩が前に出た形になり、肩ラインがオープンになります。しかもグリップの位置は左股関節の前くらいですから右サイドが出て当然です。

そこで、右ひじを軽く曲げて右肩を落とすことにより、相殺します。肩ラインを飛球線に平行すなわち、スクエアな状態にできるのです。これが、本来の形だと考えています。

上記のことを踏まえて考えてみてください。

両腕を伸ばしソールするまでは同じです。肩のラインがオープンになっている状態ですよね。

左肩を少し前に出すことでスクエアに戻し、左頬(ほほ)あるいは左首に左肩を近づける、すぼめることでグリップ位置をハンドファーストに持ってこれるはずです。それが悪いクセになっていることが考えられます。

左肩をすぼめることなく、静かに上がっている左肩を落とし(左頬、首の左肩から離し)、リラックスしてください。

これだけでけっこう”いい感じ”になるはずです。

ではまた

シェアする

フォローする

コメント

  1. 今晩は、相互リンクありがとうございました。

    私が、ゴルフを覚えたころは、(まだパーシモンの時代ですが、)右肩を少し下げるのが主流でしたが、今は変わりましたよね~
    現在のスタンダードは、スクエアに構えてボディーターンが基本でしょうか?