必要以上に右肩が下がる

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「必要以上に右に傾く」です。一生懸命練習しているにもかかわらず、思っていもいない結果になることがよくあります。練習はとても大切です。練習せずにゴルフが上手くなる人はいないわけですが、練習しても上手くならない人もいるわけです。

練習しているのに「こうなっちゃう!」の一つに右肩が下がることがあると思います。原因はいろいろあると思います。

アドレス時右肩が下がる

アドレス時右肩が下がっていて「右肩が下がっているぞ!」と人の気も知らないで簡単にそんなアドバイスをしてくれる人もいますが・・・

アドレスで右肩は少し下がっているのはグリップの握り方が原因で右手がヘッド寄りで左手がグリップ寄りである以上、そうなるのが当然です。とくに腕が短いと右肩が下がって見えますし、肩幅が異常に広いゴルファーも下がって見えます。

スイング中に右肩が下がる

大きなクラブ(ドライバーなど)はアドレス時の前傾角度が少ないので右肩の下がりが目立ちますが、小さなクラブ(ショートアイアン)になれば、前傾角度が大きく正面から見たとき右肩の下がりが目立たないこともあるでしょう。

しかし、スイング中はその反対に、前傾角度が多い分右肩が下がるところが目立ってしまうわけです。右肩も下がりますが、テークバックでは左肩が下がっているはずです。前傾姿勢に対して正確に回転しているのであれば何も問題ないどころか正しいと思います。

必要以上の右肩が下がる

問題なのは、必要以上に右肩が下がってしまうことです。スイング中、右肩の下がりがもっとも目立たない!?はずのドライバーで右肩の下がりが大きいことはみなさんの周りを見回せばすぐに分かると思います。

しかも遅れてきたヘッドが地面を力いっぱい叩いてダフリということもよく見る光景です。このダフリもひどくなるとヘッドがボールより離れた場所に着地しますのでヘッドがバウンドしてボールに当たるときはトップという反対の結果になる場合もあります。

必要以上に右肩が下がる人の原因

必要以上に右肩が下がるときは、必要以上の何かをしていることが原因の場合が多いです。たとえば、必要以上に頭を残しすぎるのも一つの原因です。

頭を残しすぎると、スイング軸が右側に倒れることにつながります。そのため正面から見ると”逆くの字”になってしまいます。倒れてしまったスイング軸を元に戻すことは容易なことではないので、できれば最初の形を保ったままのスイングをしたいものです。当然ですが、スエーしすぎても同様のことが起こります。

右肩が下がる人の原因

必要以上に右肩が下がる人の対策

対策としては、頭を残さない!なんて言うと軽すぎますし、別の問題が発生しそうです。やはりここはダウンスイングに入る切り返しの段階で必要以上に力まないことが大切です。

切り返し部分を自然に・・・

やり過ごすことがいいと思います。

片山晋呉選手はとても参考になりますよ。

ではまた

シェアする

フォローする

コメント

  1. mimikara より:

    右肩は下がって良いんですよ!
    但し、右肩下がった時のクラブの操作が重要なんです。