振り遅れないスイングがある

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「振り遅れないスイングがある」です。これまでも振り遅れに関してたくさんのお話をしてきました。振り遅れの原因は様々ですが、原因が判ったからといって直るものでもないので困ったものです。

使用しているゴルフクラブが重すぎる場合にも振り遅れの原因になることもあるでしょう。この場合、少しだけ軽いクラブに変えるだけで振り遅れは直ることもあります。

最近は、軽量シャフトの人気もあり、たくさんのゴルファーが使用しています。実は軽量すぎるのも振り遅れの原因になる場合もあるのです。

軽いクラブというのはトップで自分の思い通りの場所にクラブをおさめることができます。しかし、これが良い方向へ向かえばいいのですが、間違ったトップの形であれば大変なことになります。

レディースのゴルフクラブを使ってみると

男性の方で女性用(レディース)のゴルフクラブを振ったことがありますか?思い通りのトップの位置にクラブをおさめることができます。極端にいえば自分の身体のみで簡単にトップの位置を作ることができます。

軽いクラブで”ヒョイッ”とトップにクラブを上げることができることが決していいわけではなりません。みなさんも感覚的にわかる部分だと思います。自分が感じることができる少しだけ重いクラブの方が正確なスイングアークを作ることができると分かるはずです。

軽いクラブは、クラブがバタつくことがよくあります。インパクトだって”器用”に調整することができますので正確に何度も同じことを繰り返すことには不向きなのです。

レイトコックのタイミング

みなさんのコッキングはどのようなものでしょう。バックスイングの早い段階でコックを完了するのがアーリーコック。一方、右腰くらいからコックが始まりトップでコックが完了するのがレイトコックです。

レイトコックのゴルファーが軽いクラブにしたからといって、スイング各所の時間配分はあまり変わりばえしないのが実情です。身体全体がトップからダウンスイングに向かおうとしているにもかかわらず、腕とクラブだけはまだトップに収まっていないことが多くあります。

この時点ですでに振り遅れが始まっていることがよくあります。これではどんなに軽いクラブを使用したとしても振り遅れてしまうのです。しかし、軽い分インパクトの手前で腕を振ることができますので小手先で振り遅れを直してしまいます。これでは問題解決にはつながりません。

アーリーコックを身に付けよう

身体全体がダウンスイングに向かおうとしているときは、クラブだってその準備が整っていた方がいいことは誰でも分かることです。

みなさんもアーリーコックを試してください。アーリーコックのメリットは腕とクラブが作るトップの形がすでに右腰付近で完成しているのでクラブがバタつくこともなく腕を上げるだけでトップを決めることができることです。

レイトコックとアーリーコック、トップでのクラブの収まり具合に違いがあります。この差が最終的に埋まることなくインパクトを迎えてしまうのです。

みなさんはできるだけアーリーコックを身に付けてください

”けん”も幾度となく試しましたが、不器用でなかなか自分のものにできそうにありません。とくに今まで染み付いたレイトコックからするととても違和感を感じてしまうのです。

来世、ゴルフをすることがあれば、アーリーコックを行なうつもりです。

ではまた

シェアする

フォローする