簡単にまっすぐ打つ方法

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「簡単にまっすぐ打つ方法」です。ゴルフは曲げたくないのに曲がってしまったり、スライスと決めつけていると逆玉のフックしたりするから難しいわけです。思い通りにならないところがゴルフを面白くしているのだと思います。

簡単にまっすぐ打つ方法

だからといって曲がってしまうボールをただ見ているだけでは意味はなく面白くありません。たまには思い通りの球筋でナイスショットを打ったりピンにからんだりするからゴルフがやめられなくなるんですよね。

ある程度ですが、まっすぐに打つための方法ってあります。ただし、ボールの高さは望んだ高さにはなりません。どうしても左右がOBなどトラブルになりそうなときにはとてもいい方法です。

その方法はもちろん簡単です。スイングはそのままに、ただボールの位置を変えるだけです。普段ボール位置は決めていますよね。1球ずつボールを左に置いたり、右に置いたりしてまっすぐに飛ぶ位置を探すんです。

場合によっては右足の内側までボール位置を持っていかないとボールがまっすぐに飛ばないこともあります。そうなるとボールに高さはほとんどなくなってしまいます。

要はターゲットに対してフェースがまっすぐに向くところでボールに当てるわけです。その位置を探す作業を練習場で行います。

これをするとスコアは確実にアップするでしょう。だからといっていつまでもそんなとこはできませんから、正規のボール位置でまっすぐに打てるようにしたいですね。

また、練習場でまっすぐ飛ぶ位置を探し、そこから正規のボール位置ではフェース面が開いているのか閉じているのかも想像がつくはずです。

ボールが飛ぶ飛ばないは考えないことにしてフェース面さえ真っすぐに当たるのであれば、ボールはターゲットに向かいます。インサイトアウトでもアウトサイドインだったとしてもです。結果的にインテンショナルショットになるからです。

ではまた

シェアする

フォローする