まっすぐ飛ばす方法

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「まっすぐ飛ばす方法」です。まっすぐ飛ばすことができればどれだけ楽か・・・

まっすぐ飛ばすためには、2つのことを行なうことが重要だと思っています。

フェース面をターゲットに向けること

これはインパクトの時の話です。インパクトでフェース面がよそを向いていてはボールはまっすぐに飛んでくれません。ボールを上から投げたとき指先がしっかりと投げる方向へ向いていなければボールはカーブ回転したりシュート回転したりしますよね。フェース面はまっすぐにボールと接触することが最初の作業です。

これには、フェースにボールが当たったあと、フェース面でボールを押し出す間、ずっと続く動きです。これだけで飛び出す方向はともかくボールは明らかに今まで以上に曲がり幅が小さくなるはずです。

スイートスポットに当たらなくても近年のドライバーは多少の補正をドライバー側で行ってくれます。それがギア効果です。

フェース面をターゲットに向けること

とにかくフェース面がまっすぐになることが重要です。

インサイドアウトインに振ること

前傾姿勢を保ち、頭のてっぺんからお尻を1つの棒と考えてそれをでんでん太鼓のようにクルクル回ること。これができれば、インサイドアウトインに必ずなります。もしもならないということであれば、どこかで間違っているということです。たとえば、猫背になっているとか、軌道から外れてしまっています。

とてもシンプルでばかばかしいのですが、ボールを目の前にするとそれができなくなるから不思議です。

ただしこれだけでは正確ではありません。上の2つを組み合わせることが大切になります。スイングプレーン上にあるボールがその接線上にあり、それがターゲットをしっかりと向いていて、そこでインパクトを迎えること。

そのため、アドレス位置でのインパクトが重要になります。トップからボール(インパクト)へ向かうクラブを動かす軌道をしっかりと理解しスイングプレーン上を動くようにスイングすること。でんでん太鼓をすれば、むずかしことではありません。

慌てることなく、ゆっくりでもいいのでしっかりと行なってください。できるようになったらスピードを少しずつ付け加えていくこと。これでボールはまっすぐに飛ぶはずです。ゴルフクラブやシャフトによっては、ボールのつかまり具合でドローになったりフェードになったりする。ただそれだけのことです。

本来、問題はまっすぐ飛ばすことではなく、狙ったところへ飛ばす(運ぶ)ことです。ボールの曲がりは問題ではないのです。曲がったとしてもそれを加味したところで狙うことができればそれはそれでよいのです。ただ、ボールは大きく曲がるよりも曲がり幅は少ない方がはるかに計算できます

曲がる方向だけでも自分でコントロールできるのであれば、大きな武器になります。どちらに曲がるかわからないことがゴルフを難しくします。

だけど、ゴルフって・・・

曲がるから面白いんですよね。

ではまた

シェアする

フォローする