スエーから起きる様々な問題

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「スエーから起きる様々な問題」です。スエーは右利きの場合、右に(飛球線後方・バックスイング方向)移動する幅が大きくなり、そこからインパクトに向かうまでに右に移動した分を戻せないことから起きるスイングの問題です。

スエーしてしまうとショットに色々と影響します。一般的にダフリがスエーの代表的なミスの一つです。ボールの位置よりも遥か手前にクラブヘッドを落としてしまうことからダフることになります。

当然ですが、スエーした分、元に戻っていないところでスイングすることは、アウトサイドインをすることになります。クラブフェースの向きがターゲットに向いていればスライス、フェースが被るとヒッカケることになり、散々な結果につながります。

ボールに届かないスイングになってしまうスエーです。そのためにダフらないように縮めた腕をインパクトに向かって伸ばそうとします。タイミングがズレるとトップすることもあります。大元のスエーを直すことなくボールに届かせようとして右肩が落ちてしまうこともあります。

これが「悪い癖」となり、ゴルフ人生のほとんどを右肩の下がってしまったスイングを直すことにすべてを捧げてしまうはめになることも考えられます。さらに今度は右肩を下げないようにボールに当てることを考えます。すると、右肩を前に(正面に)出したスイングになります。

インパクト前に右肩を前に出すということは、アウトサイドインのスイングをするということです。スエー分のインサイドアウトを直すことなく右肩を前に出してしまうことで、さらにインサイドアウトは強烈なものになり、手の施しようがないスイングの完成です。

このようにスエーという小さなことがスイングの大きな欠陥につながっていくのです。どこからがスエーでどこまでが理想的な体重移動なのか線引きも特にありません。

そのためスエーをあまり重要視しない面もあると思います。それだけにスエーは自分自身で気づかないことが多いのです。次回、スエーを防止する方法をお話します。

本日は短めに・・・

ではまた

シェアする

フォローする