トップで左肘が曲がるゴルファー

“けん”です。本日のゴルフレッスンは「トップで左肘が曲がるゴルファー」です。年齢を重ねた方は左肘を曲げても良い、ということですが、柔軟性がまだまだある、「オレはまだ若いんだ!」という方は、左肘は曲げないほうがいいと思います。

“けん”は左肘を曲げるとオーバースイングになったり、手だけでトップを作ってしまう手打ちになることからできるだけ左肘を曲げないようにしています。

アドレスでボールとの距離感を作るときに大切になるのは、立ち位置、前傾姿勢や軽い膝の曲げ方などですが、左肘を曲げているのかそうでないのかも重要です。

アドレスでは左肘を伸ばしているのにスイング中は曲げているということであれば、簡単に考えて「曲げる」・「伸ばす」の2つの動作が入ります。スイングはできるだけシンプルなほうがいいと思います。

ゴルフ場では、様々な局面に遭遇します。スイングばかりを気にしていても好スコアは望めません。よりシンプルなスイングをすることで複雑に考えてしまうゴルフを少しでも軽減することが何より大切かもしれません。

“けん”が左肘を曲げたスイングになっていたとき(自分では気づきませんでした)指摘されて初めて気づいたくらいです。みなさんも本日練習場で試してみてください。気持ちよくスイングしてみると案外左肘が曲がっていることがあると思いますよ。

“けん”が先輩から教えてもらったことは、みなさんと共有がモットーなので包み隠さずお話させていただきます。”けん”が考えたレッスンではないのですが・・・そのときは「なるほど」と思った次第です。

左肘はあまり気にせず、右肘を曲げすぎないようにする」ということです。

左肘はあくまで右肘を後ろに引きすぎたり、右肘を曲げすぎたりすることで曲がることがあるよ、と言われました。”けん”ばかりかもしれませんが、なるほど、右肘を曲げすぎることで左肘も曲がってしまっているようでした。

右肘を意識しながらスイングしてみると、左肘も伸びたスイングになったわけです。スイングのトップも普段よりも高い位置で、無駄に深いトップにもなっていないようでした。

ボールも安定し、アイアンに限らずドライバーも吹け上がるような球筋になったことを覚えています。

しかし・・・イマイチ・・・

ドライバーの飛距離が伸びていないような気がしたのは気のせいでしょうか?

どうして吹け上がるんだろう!?

きっと、ドライバーの能力を超えたんだなぁ、と自分に言い聞かせました。

・・・その後・・・

実力に見合ったドライバー」を購入!

どういうわけか、それがシックリきてビッグドライブ連発でした。

が・・・しかし・・・

そのときは「右肘を曲げすぎないこと」は忘れていたような気がします。

「先輩の教え」、「ドライバーの買い替え」、どちらが功を奏したのか、未だに分かりません。みなさんも試してみる価値はあると思います。

ではまた

シェアする

フォローする

コメント

  1. ゴルフ動画レアムービー厳選ブログ-ゴルフパープレイ より:

    ★マンシングウェアレディース東海クラシック2日目

    ” /> 新崎、小俣、初優勝狙う2人が上位に浮上!!(GDOより) 愛知県の南…