捻転を感じる方法

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「捻転を感じる方法」です。ゴルフを始めると回転とは別に捻転という言葉を耳にすることになります。言葉の通り「捻る(ねじる)」ことです。回転は一周すれば元に戻りますが、捻転は捻るほどに元に戻ろうとする力が働きます。

ゴルフのスイングは正確にいうと一周して元に戻ることはありませんので、回転ではなく捻転になりますが、面倒だったり分かりきったことなので回転なんて言葉を使うことになります。”けん”もこの辺はその日の気分で書いたりしていますのでご了承ください。

ゴルフでは、この捻転を使うことで、元に戻ろうとする復元力を利用してスイングすることになります。そこでとくに初心者のみなさんの中には、捻転を感じたことがないという人もいらっしゃると思いますので、今回は捻転を感じる方法について解説します。

下半身を止めて上半身だけで回転するとあるところで止まります。そのときに背中や脇腹が窮屈に感じるはずです。これが捻転されているとゴルフでは言われる部分です。

下半身を止めることがむずかしい場合は、回転しないイスに座って上半身だけをバックスイングするように後ろに回すともっと強く捻転を感じることができると思います。

これでも捻転を感じることができない人や、捻転を理解したけどスイングの中にどのように使うのか分からない人のために以下の方法を試してください。

バックスイングする側の膝と股関節部分をしっかりと固定します。両腕を伸ばし、手の甲同士を合わせてバックスイングしてみてください。このとき右足の内側全体で受け止めるような気持ちで行ないましょう。捻転の感覚が分かりましたか。

捻転を感じる方法

捻転と切り返しのポイントを確認するためには以下の方法を試してみてください。

捻転を感じる別の方法

イラストの(1)、(2)の後に、左足を一歩だけターゲット側に「ズーッ!」と開くだけです。

捻転と切り返し

”けん”の場合、(3)で止めてしばらくすると右の背中側がつります(^m^)。みなさんも気をつけて行なってください。また、(1)、(2)、(1)、(2)と繰り返した後に(3)とするとリズミカルになりますのでスイングに取り入れやすいと思います。

あと、(1)から(2)の途中で左足を広げると切り返しを感じることができますので・・・

何となく・・・

上級者気分が味わえます。 v(ー_ー) どうでもいいか

ではまた

シェアする

フォローする

コメント

  1. 副業 在宅 より:

    少し練習してみようと思います!