アッパーブローに打つために-その1

アッパーブローに打つために-その1

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「アッパーブローに打つために-その1」です。

ドライバーでティーショットを打つときにクラブヘッドが最下点を通り過ぎ上に上がるときにインパクトを迎えること、それがアッパーブローです。

アッパーブローに打つことで飛び出す弾道が高くなり、キャリーを稼ぐことができます。また、アッパーブローに振ることによって必要以上のスピンを殺すことができますので、ボールが落ちた後ランを稼ぐことができるという考え方です。

使い方によっては確かにキャリーを稼ぐことができますし、ボールが落ちた後にランを稼ぐことができます。しかし、間違った使い方をするとチーピン連発のOB連発につながります。まともにフェアウェイにボールを置くことはむずかしく、池越え、谷越えさえもむずかしくなります。

普通にスイングが大切

アッパーブローにボールを打つためには、普通に打つことが一番です。このことについては次回”けん”なりの考え方について解説しようと思っています。無理にアッパーに打つことは、正規のロフト角度を変えてしまうことにつながります。それがアッパーブローをむずかしくしてしまっていると考えています。

アッパーブローに打つためにはボール位置だけ気をつける

普通にスイングすることが一番の基本ですが、アッパーブローに打つためにはそれなりの準備が必要です。簡単なことです。ダウンブローにボールを打つためには、ボールの位置を右側に寄せることで行ないます。

アッパーブローも同じことです。ボールを左に寄せるだけです。自分の最下点を知ればボール位置はほぼ決まってくるといっても良いでしょう。間違ってはいけないことはティーアップされているからアッパーブローで打てるということです。

ではまた

シェアする

フォローする