上級者風アドレスを身につける

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「上級者風アドレスを身につける」です。前傾角度を保ちながらスイングすることは大変重要なことです。

アドレスで前傾姿勢を作りますが、この前傾角度を維持することでインパクトがアドレスに限りなく近い状態で再現することが可能になります。

前傾角度に沿ってスイングすることはゴルフの基本。すべてが詰まっているといっても過言ではありません。どこか調子が悪くなってしまったとき、チェックすべき重要な項目のうちの1つと考えておきましょう。

「インサイドアウトになってないのかな?」「クロスシャフトしてないかな?」など考えるよりも先に前傾角度を疑うこともいいと思います。

アドレスで漠然と前傾姿勢で構えると、お尻から腰にかけて丸まってしまい、感じのでていないアドレス姿勢になってしまいます。

以前、お話ししましたが、前傾姿勢を作るときは、北野武さんのコマネチの格好をしたときの両手の位置が股関節と思ってください。そこから前傾することで、お尻を上半身に含めることができ、切れない前傾姿勢を作ることができるポイントになります。

それでも雰囲気がでない場合、これにプラスして、お腹を前に出してみてください。するとお尻から腰にかけて少しいい感じになり、かなり上手そうに見えるアドレスが出来上がります。

ゴルフでは、アドレスの構えを見ただけで上級者と分かる気がしますよね。まずは外見からではありませんが、スイングをする前の静止した状態から上級者風のアドレスを身につけましょう。

アドレスで間違っていると、そこから良いスイングは決してできません。正確で格好いいアドレスが、結果的に早く上手くなるポイントだと思います。

前傾角度どおりにスイングし、角度をキープしたままフィニッシュまでいくことができれば、理想的な体重移動ができますし、右利きならばフィニッシュで右足が綺麗なつま先立ちになります。

ではまた

シェアする

フォローする