2014年マスターズが始まる

2014年のメジャートーナメントの初戦がマスターズです。昨日、オーガスタは午前中に霧がでてその後、雷雲が近づいたためにクローズになったということで練習ラウンドは中止になりました。週末は天気は良くなるということで美しいオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブを満喫できるはずです。

ご存じのとおりタイガー・ウッズがマスターズを欠場することになりました。タイガーは現在38歳になりました。メジャー14勝。ジャック・ニクラウスのメジャー通算18勝を抜くのはタイガーしかいないだろうと言われていました。

着々とメジャーで勝利を重ね現在14勝です。

今回の怪我で手術を受けました。現実的に今年のメジャーは厳しいのかもしれません。18勝のジャックニクラウスの記録は無理という声が大きいのですが、「おかしなことをいうよな!」と思っているところです。

それをいうなら手術を受ける前にいうべきではないのか。あとづけのような気がしてなりません。近年、腰痛のなかで世界ランク1位の結果を出してきたわけです。この手術を受けた90パーセントの選手が元の状態かもしくはそれ以上の状態に戻ると言われています。

仮にタイガーが今以上の状態になるとすれば、ここ数年のタイガーよりもメジャーに近づくとは考えられないでしょうか。もちろん、38歳という年齢もネックなるでしょう。38歳以上で4回のメジャーを獲得した選手はニクラウスとホーガンしかいないそうですが、タイガーなら39歳から成し遂げることができそうな気がしますがどうでしょう。

やはりタイガーが復帰した後は期待してしまいます。

松山英樹のペアリングが決まりました。ブラント・スネデカーとジェイミー・ドナルドソンと同組です。ドナルドソンとは何度かラウンドしたこともあり落ち着いてラウンドできるのではないでしょうか。

プロとして初めてのマスターズになります。アマチュアのときとは違うと思いますが、松山のゴルフスタイルはメジャーに合っていると個人的に思っていることは以前お話ししました。松山のプレーでは常にピリピリとしたオーラのようなものを感じます。これはタイガー・ウッズや尾崎将司など数少ない選手のうちの一人だと思いますがみなさんはどう感じますか。

ただ、松山の左手首の故障が気になります。ゴルフレンジで打っていても手首をストレッチする姿が映っていました。いつものスイングよりもフィニッシュが硬い気がします。左手首のことを考えてそうしているのかは分かりません。

それでもやってくれると信じて応援します。

ではまた

シェアする

フォローする