2014年全英オープンペアリング

第143回を迎える全英オープンゴルフはロイヤルリバプールで開催されます。今回で12回目を迎えるロイヤルリバプールの全英オープンですが、ここで行われた全英オープンは2006年まで遡ります。そのときはタイガー・ウッズが優勝しました。

2014年全英オープンペアリング

ロイヤルリバプール(ホイレイク)というゴルフ場は耳に残っているのでかなり使われていると思いきや、ロイヤルリバプール開催はタイガーが優勝した2006年以前は1967年まで遡ります。私の生まれる前ですから当然全く知りません。

さて、予選のペアリングが発表されました。個人的に注目の組を紹介。

15組(日本時間 17:04) 
タイガー・ウッズ、アンヘル・カブレラ、ヘンリック・ステンソン
試合勘が戻っているか心配のタイガー

17組(日本時間 17:26)
ローリー・マキロイ、松山英樹、ジョーダン・スピース
スロースターターの松山には持って来いのペアリングかも

19組(日本時間 17:48)
グレアム・マクドウェル、マット・クーチャー、ルイ・ウェストヘーゼン
個人的にいつも注目「Gマック」

39組(日本時間 21:38)
マーティン・カイマー、ジェイソン・デイ、ザック・ジョンソン
侮れない組。とくにデイ

41組(日本時間 22:05)
フィル・ミケルソン、アーニー・エルス、バッバ・ワトソン
昨年の覇者ミケルソンとワトソンのレフティーのペアリングは楽しみ

44組(日本時間 22:38)
石川遼、リー・ウエストウッド、キーガン・ブラッドリー
石川には攻めのゴルフではなく守りのゴルフをしてほしい

ペアリングを見ると松山と石川の評価の高さがうかがえます。

それでも日本人選手は2人だけではありませんよ。
宮里優作、小田孔明、小林正則、近藤共弘、塚田好宣と日本人選手も多数参加するので誰かが我慢のゴルフをしてほしいです。

宮里優作は風の中のプレーは体に染みついているはずなので期待していますし、小田孔明のパンチショットは全英向きじゃないかな、と思っています。

ではまた